東京へ行って来た 2  



神宮観戦の興奮を残したまま翌日

前日は土砂降りの中の参拝だった靖國へ・・・



朝というのに参拝者がチラホラ、出張族と思われる方が参拝

した後に帰郷するか、あるいは出張先に赴くのかもしれない



   靖國参拝 7・27 22




当初の予定ではこの後、豪徳寺にお参りすることにしていたが

前日の雨に打たれたからか、どうやら「風邪気味」のよう・・・

身体もだるく少々「しんどい」状態で、急きょ予定を変更し

押上(スカイツリー)まで行くことに決めた

(早い話、九段下から半蔵門線でそのまま乗り換えなしだったからだが)


しかし、現実は甘くなかった(笑)

長屋の爺は今現在、学校が夏休みという事に気付いていなかった

中国人観光客のほかに、子供連れの親子が大挙して押し寄せ

中高生のグループも混じって、人、人、人の世界・・・・

兎に角長屋の爺は雑踏が苦手で、人込みに入ると頭痛がしてくるのだ

   スカイツリー 22



   
   スカイツリー 2 22



何とか人込みを避けながら入口までたどり着いたが・・・

爺の頑張りも此処まで(笑)



立ち入り禁止場所に勝手に入り込んで記念写真を撮るシナ人親子や

通路で立ち止まり何やらもめているシナ人観光客グループ・・・・

そこかしこから飛び込んでくる「中国語」に頭痛はピークに(笑)

写真だけ撮ってソラマチのショップを覗きながら地下へ向かった


取り敢えずは東京・品川方面へ

乗った電車が京急線で、品川の手前が泉岳寺であることに気づく

それならば「義士」に線香でもと思い立ち、途中下車することに

泉岳寺は曹洞宗の江戸三か寺であり、赤穂浪士(四十七士)と

浅野内匠頭長矩公、浅野家ゆかりの墓所としても知られている

一度訪れたいとは思っていたが、何が幸いするのか・・・・


     高輪 泉岳寺 22



              《 参道から山門を見る 》



 高輪 泉岳寺 2 22




                     《 本堂 》


   浅野内匠頭長矩公墓所 22



              《 浅野長矩公(内匠頭) 墓所 》


   大石内蔵助 墓所 22



               《 大石良雄(内蔵助) 墓所 》


   浅野長矩公夫人 墓所 22



               《 浅野長矩公夫人(瑶泉院)墓所 》



   四十七士 墓所 2 22




   四十七士 墓所 3 22



   四十七士 墓所 4 22



   四十七士 墓所 5 22




   四十七士 墓所 6 22




   四十七士 墓所 7 22




          《 四十七士の墓が整然と並ぶ墓所 》


線香は墓所の手前で100円を支払うと係りの方が用意してくれる

全ての方に1~2本づつあげるもよし、お気に入りの義士の前に

全部供えるのも良しとか・・・・

* ちなみに私は前者のように供えました


私は赤穂浪士討ち入りは、長矩公の短慮が原因と言われていますが

別の考えを持っています


この世に「たら・れば」は通用しないですが・・・・

あの時代に「朝鮮通信使」という制度が無ければ、長矩公も赤穂義士も

命を落とすことは無かったのかもしれません

かの国にかかわる事が日本人にとっていかにくだらない事なのか

吉良公も長矩公も朝鮮通信使のために命を失ったと思えるのです


争いはご免とか、9条が有れば平和になるとか、自衛隊廃止を

真剣に唱える人には一生かかっても理解できないかもしれません

日本人は「何かを守るため」に、自らの命を犠牲にできる民族です


自衛隊員が二次災害を恐れずに、救援活動をする趣旨がそこに在ります

日本人を守るため、大事な人の命を守るためなら、自らの命を厭いません


武士道とは 命を捨てることが【本義】ではありません

人の命を活かすため、生きるという事のために命を賭けることなのです

生きる(生かす)という事は死ぬことに通じます


死を恐れる人は形だけ「生きている」だけで、本当の意味で生きてはいない

大切な人を生かすことが大事、私は常にそう思っております

青臭い言い方ですが、命がけで生きることの先にこそ【尊い死】はあると思っています




   御朱印 泉岳寺



            《 泉岳寺 御朱印 》



  もうじき今年も「お盆」がやってきます・・・・

先人・故人に感謝する日がまた参ります

異常気象や暑い日が続きます

皆さんもお体に留意し夏を乗り切ってください (合掌)  


       


* 帰りの新幹線から観た富士山の姿・・・

富士山7・27

あいにくと「頭を雲の中」に隠していました。

Posted on 2017/07/28 Fri. 18:50 [edit]

category: 旅の記録

tb: 0   cm: 3

東京へ行って来た 1  


昨年に続き今年も東京へ行ってきた

とは言っても、神宮球場の野球観戦がメインだが・・・

夏とは思えないほど涼しかった東京

家を出たときは蒸し暑さ全開だったが、浜名湖を過ぎたあたりから

雨模様で、神奈川に入ったら土砂降り状態

夜の試合は大丈夫なのか?


試合中止ならば、ホテルをキャンセルしてその日のうちに帰宅しようと

新幹線を降りてそのまま靖國へ・・・・

激しい雨の中、傘をさして参拝した



靖国神社2 22



あいにくの雨模様、参拝する人が少なかったのは寂しい・・・

すれ違う参拝客の半数以上が「シナ人」だったのは、私としては複雑な

思いが湧いてくる

ただの「観光地」としてなのか、英霊に対する真摯な気持ちなのか?

そんな事を考えても詮無い事だが・・・


靖國参拝29・7・26 22




靖国神社7・26 22












     御朱印 靖国参拝




取り敢えず地下鉄を乗り継ぎ神宮球場へ

外苑駅に到着したころには雨も止んでいたため予定通りに

試合観戦をすることに・・・


          神宮球場 2 22





球場では夏の高校野球の予選が・・・

八王子学園vs明大中野八王子の試合中だった

雨の中で試合をしたのだろう ご苦労さんと言いたい・・・

*結果は帰途に就く応援者(父兄)の話からすると

八王子学園が7回に逆転勝利したようだった

神宮観戦6・26 22




      神宮観戦 6 22


スワローズの人気選手である 山田哲人選手 の傍では若い女性が

熱い視線を投げかけていた 期待度が高く「プレッシャー」もすごいだろう

年棒が高くなれば、それ相応の成績を残す義務が生じる

「らしくプレイすればよい 頑張るな哲人!」




          神宮球場 看板 22



ヤクルトの試合はというと・・・・5回までに10点を失いワンサイドゲーム

7回終了時点で応援席は暗い雰囲気に・・・

ただ嬉しかったのは、私の見る限り誰一人帰ろうとはしなかったことである

「試合は終わって無いぞ~」

「一点ずつ返していこう~」

そんな大きな声援があちこちから飛んだ・・・


選手が出塁すると 「ココにつなげろ~」、「哲人につなげ~」 と

ボルテージはどんどん高まって行き、8点差で迎えた8回裏

ドラマが待っていた(笑)

ココ(バレンティン選手)のホームランで6点差に・・

「もう一点」 「もう一本」 コールも聞こえて来た

その後もヒットや四球で塁を埋め、あれよあれよという間に

10点差があったのに追いついてしまった(笑)


8回終了 同点に



その時の様子といったら・・・

見知らぬ者同士が手を握り合って「やった~」お祭り状態

未だ同点というのに、勝ったような喜びで充満していた

「サヨナラするぞ~」

残り続けるファンは「サヨナラ勝ち」するのが決まっているような

そんな応援風景だった

結果は見事延長10回裏、代打・大松選手のサヨナラ本塁打で勝利

セリーグでは66年ぶり2回目

両リーグでは20年ぶりの10点差を逆転した記録だそうだ・・・

そんな記録的な試合を直に観戦できたことは良い思い出になった


10点差を逆転7・26

             《 サヨナラの瞬間 拝借画像 》




Posted on 2017/07/28 Fri. 10:41 [edit]

category: 旅の記録

tb: 0   cm: 0

ゴマ豆腐、雨の九頭竜湖  


帰路では高速に乗らずに、一路「九頭竜湖」へ向かう・・・

あいにくの雨だったが、これもまた「旅」の思い出になる


途中、「永平寺ごま豆腐」を買い求めに寄り道・・

ごまをする



混ぜる



混ぜる2



まぜる3



型に流す




DSC_0083-22.jpg



切り分ける



完成


大本山永平寺御用達  操業明治弐拾壱年

【 團助 だんすけ 】 さんの店頭展示より







DSC_0002_01-22.jpg





DSC_0018_01-2.jpg




DSC_0015_01-22.jpg




DSC_0017_01-22.jpg




DSC_0007_01-22.jpg




DSC_0011_01-22.jpg




DSC_0016_01-2.jpg






DSC_0005_01-22.jpg




DSC_0004_01-22.jpg




DSC_0006_01-22.jpg




DSC_0013_01-22.jpg


雨の「九頭竜湖」、どう見えますか?

大きさをお伝えできないのが残念ですが、雨の影響ではないでしょうが

ちょっぴり神秘的な風情でした




子供が小さい頃は「若狭の海」へ海水浴に行ったり

「小松」「片山津」までゴルフに行ったりと、何度もこの地方には

足を運んでいても、永平寺には「縁」が無く先祖も呆れていた事

だと思います

今回初めて大本山永平寺を訪れて、果たすべき「ひとつ」を成した

気持ちでいます

「曹洞宗の信徒」というには憚られる長屋の爺ですが、先祖供養の

足しになればという思いで、今回の永平寺にお参りを無事終了できました


私の座右の銘は、「玉磨かざれば器を成さず 人学ばざれば道を知らず」

でした・・・

この言葉の「もと」が曹洞宗開祖・道元禅師の言葉だったことを

今回再確認いたしました


玉は琢磨によりて器となる。

人は練磨によりて仁となる。

(中略)

必ずみがくべし

すべからく練るべし。




「究極の晴れオトコ」と自負していた長屋の爺でしたが

今年に入って20年ぶりに「雨のゴルフ」に直面し

今回の旅行も「雨」という結果に、「晴れオトコ」返上しようかと・・・

雨は嫌いじゃないけど、大事な一眼レフカメラが濡れるのは嫌!

雨用にカメラ購入など無駄な話で、何とも悩ましい旅の総括でした(笑)




Posted on 2017/05/15 Mon. 22:32 [edit]

category: 旅の記録

tb: 0   cm: 2

曹洞宗 大本山 永平寺  


舞鶴を後にしたころから、あいにくの雨・・・

予報では小雨のはずが、土砂降りと言う現実に

ケセラセラの状態でドライブ開始(笑)

普段の行いの悪さが如実に表れる結果となったのは

世間で言うところの「因果応報」と反省する長屋の爺でした


土砂降りの雨なら観光客もさぞかし少なかろうと・・・

思っていたのは自分だけだった…

信仰心と、連休の前には、雨など何のチカラも無い事を知る


幸いにも永平寺の隣の土産物店の駐車場が空いていて

土砂降りでも濡れずに済んだのも、仏神の御加護か・・・

「そんなわけあるかい」

と突っ込まれて、意気消沈する長屋の爺でしたw


* 土砂降りのため、濡らすのが嫌でカメラを持たずに

参拝しました 今回の画像はスマホの画像です






DSC_0075-22.jpg


 【仏殿】 ご本尊 釈迦牟尼仏が祀られている






DSC_0073-22.jpg






DSC_0076-22.jpg






DSC_0072-22.jpg


 【法堂(はっとう)】 説法や各種法要が行われる






DSC_0071-22.jpg



永平寺は山の斜面に建てられているため、雨に煙る景観も趣がある






DSC_0068-22.jpg


 【承陽門 (じょうようもん)】 







DSC_0079-22.jpg







DSC_0077-22.jpg


 【報恩塔(納経塔)】  写経を納める塔








DSC_0067-22.jpg





 【傘松閣 (さんしょうかく)】 絵天井の大広間



著名な画家144名により描かれた230枚の花鳥の色彩画

見上げていると首が痛くなりました(笑)






DSC_0078-22.jpg






かつてこの日本でも宗教僧(僧兵)が刀や薙刀、鉄砲を手に争いを起こした

過去もある

釈迦もキリストも「人を殺せ」と言い残した訳が無い

後世の人間が捻じ曲げた「人殺し宗教」はもはや宗教とは呼ばないと

私は思っています




Posted on 2017/05/12 Fri. 22:05 [edit]

category: 旅の記録

tb: 0   cm: 6

舞鶴港  


半袖でも汗が出るような好天に恵まれた今回の旅

永平寺にお参りして、混雑や渋滞、天気模様を考えて

舞鶴に行こうか? くらいの計画だったが・・・

天気は5日は晴天、6日は雨という予報だったので

舞鶴の雨は御免蒙りたいということで、舞鶴~永平寺の

行程に変更、雨の永平寺なら観光客も少ないのではないか

そんな淡い期待を抱きながらの旅になった(笑)




DSC_0093-2.jpg



DSC_0065-3.jpg






DSC_0050-2.jpg

151 護衛艦 【あさぎり】



DSC_0053-2.jpg

177 イージス護衛艦 【あたご】


DSC_0054-3.jpg





DSC_0060-2.jpg

181 護衛艦 【ひゅうが】


DSC_0059-2.jpg


DSC_0047-3.jpg


DSC_0040-3.jpg







DSC_0078-2.jpg



130 護衛艦 【まつゆき】
232 護衛艦 【せんだい】


DSC_0084-2.jpg






DSC_0076-2.jpg

175 イージス護衛艦 【みょうこう】



DSC_0035-2.jpg



DSC_0079-2.jpg




DSC_0075-2.jpg


118 護衛艦 【ふゆづき】
   ( 隣に見えるのが 175 みょうこう )



DSC_0028-2.jpg






DSC_0056-2.jpg




DSC_0058-2.jpg


425 補給艦 【ましゅう】






DSC_0094-2.jpg

828 ミサイル艇 【うみたか】



DSC_0093-2.jpg


DSC_0068-2.jpg


824 ミサイル艇 【はやぶさ】


DSC_0066-2.jpg



DSC_0065-2.jpg



DSC_0065-4.jpg



今回は北朝鮮問題できな臭い状況での舞鶴訪問だったが

どう考えるかは個人の問題ではあるが、このような多くの自衛艦が

停泊しているという事に、「天気晴朗なれど波高し」を実感した

有事であれば一隻たりとも拝むことはできなかっただろうし

考えようによっては、「何事も無くて良かった」と思うべきなのだろう


自衛隊を認めようと認めまいと・・・・自衛隊を否定する者も、容認する者も

区別なく国民を守ることを自衛官たちは義務付けられているのである

Posted on 2017/05/10 Wed. 19:44 [edit]

category: 旅の記録

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top