日本書紀の疑問・矛盾 (壱)  


私たちはこの国が【倭(わ)】から【邪馬台国】を経て【ヤマト】という

国に変わって(移って)行ったと教え込まれてきました

その根拠は言うまでもなく「日本書紀」に書き残されているからです

結論から言うと、そういう事になりますね・・・


その有り難い「バイブル」のような日本書紀は事実を語っているのか

私はかなり疑問に感じています


この国に文字や技術が渡ってきたのは百済からだと日本書紀は言います

「なるほど」と感心してはいけません!

日本の言葉の中に「音読み」という漢字の読みがありますが、この音読みの

ことを「呉音(ごおん)」「漢音(かんおん)」といいます

この呉音のことを「和音(やまとごえ・わおん)」と平安初期までは呼んでいました

平安中期になって「漢音」が普及してきて、区別するために「呉音」と呼ぶように

なったと言います

この「呉」とは三国志の【魏・呉・蜀】の呉の国の事だと言われています

魏志にも「倭」のことが書かれていて、魏の役人が倭人に

問い質したことが記載されていて、「卑弥呼」女王説が確立

しています

どうして魏の役人の質問にきちんと答えられたのでしょう?

それは魏志のいう倭人がその時代の中国大陸の言葉を理解して

いたからではないかと私は考えました


邪馬台国が存在した時代には「三国時代」の中国の言葉がある程度

理解できていたのではないでしょうか・・・

言葉は文化ですから、邪馬台国成立以前に大陸との文化交流があった

と思う方が自然です

でも、邪馬台国の使者に問い質すという事は、邪馬台国と魏の国は国交

は無かった事になります

とすれば、それ以前の国(国家組織)が大陸との国交があったとみるべきで

その国こそ古代の日本だという事になります

しかし、日本書紀はその事には触れていません

私はその国こそ「古代出雲王国」だろうと思っています


日本の着物の事を「日本服」とは言いませんよね・・・

日本の服は「和服」といいますけど、本来は「呉服」という呼び名で

認知されています

そうです、「呉の服」という呼び名も、大陸から伝わってきた衣職から

そう呼ばれるようになったと思われます

日本書紀には縫工(衣織物)の技術は応神天皇の時世に「百済」から

伝わり、その後「呉の国」から職工を呼び寄せたと記されています


しかし・・・

応神天皇の時代4世紀後半~5世紀初頭に【呉の国】は存在しません


呉と言う国は中国に三度存在しています

一度目は紀元前400年代(春秋・戦国)に「呉」と言う国があったらしいこと

二度目は三国時代(222~280年)に「呉」と言う国が存在した

三度目は五代十国時代(902~937年)に「呉」と言う国が存在した


日本書紀に言う「呉」の国の職工が日本に来ることは不可能なのです

これは出雲王国が呉の国から機織り技術や文字文化を取り入れたことを

知っていたから「拝借した」記述だと思えます

それを大陸ではなく「百済」からだと主張することこそ、日本書紀の編纂時に

権力を保持していた者たちが、百済出自の末裔だったことを匂わせています


呉の国から来た言葉を一度は隠し、消した過去だったのですが、漢音という

文字文化が平安中期に定着したことで、区別する目的で、和音ではなく「呉音」

としたのではないでしょうか・・・

そもそも「呉の言葉」「呉の国の音」だったのですから、「呉音」は間違いでは

無いのですから、平安初期の権力者の思惑など平安中期の官人は配慮できな

かったというところかもしれません(笑)


次回も日本書紀の疑問・矛盾を探していこうと思います。


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/09/10 Sun. 22:22 [edit]

category: 歴史

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tukuyomi2017.blog.fc2.com/tb.php/80-4f475d34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top