これからは過疎ブログの道へ進みます  


本日、靖國より【秋の例大祭】の案内が届いた

参加するかどうか微妙ですが、何より礼服以外スーツなど

持っていない長屋の爺、このためにだけ購入するのも

どうなのか・・・

仕事との兼ね合いもあり、取り敢えず「保留」ということで


日本の古代史は「押しつけ論」と「思い込み」の世界でもあります

* 邪馬台国を「やまたい」と読むことすら疑問があります

* 卑弥呼という名も「名前なのか」本当に「ひみこ」と読むべきなのか

* 日本の天皇家の祖神が「アマテラス」だというのも疑問が残ります

 しかも日本の総氏神の頂点にいるのが「アマテラス」というのも

 私としては納得できません


私の私感では邪馬台国は「やまどこく」であり、ヤマトそのものだと思っています

ヤマトは何処にあったのか、そういう話でしかありません


かつてこの国では相手の名前を呼ぶことはタブーでした

それが高貴な権力者の一族であればなおさらです

天皇は「おおきみ」とか「おかみ」とか呼ばれていたでしょうし

皇后(妻)も名前では呼ばれることは無く、「きみ」とか呼ばれて

いたのかもしれません

つまりは「魏志倭人伝」に書かれている「卑弥呼」という名も、名前ではなく

通称・呼称だったと思われます

「陽の巫女」 太陽神に仕えるシャーマン(巫女)だから、日巫女(ひみこ)

私はそう信じています


その名残を今の日本でも見ることができます

日本は欧米と違って自分の伴侶を名前で呼ぶことが少ないのです

旦那(夫)を「あなた」「ねぇ」「ちょっと」「おとうさん」「パパ」などと曖昧に

呼ぶことが通常になっています

奥様を「おい」「かぁさん」「ママ」とか名前で呼ばない人は未だに多いと思います

どうしてか?と尋ねてみると、「気恥ずかしいから」とか「なんとなく呼びにくい」

そんな答えが返ってきました

じつは私たち日本人のDNAの中に「刷り込まれた文化」として、脈々と受け継がれて

いるのではないかと思っています

名前を呼ばれると、呼んだ人間に支配されてしまう・・・

古代において【名を問う】 とは、自分の所有になれという事だとされています

若い女性はけっして本名を知らせない者だったと言います

歴史に名が残っている人の多くは皇族の女性が殆どで、名前と思われているのも

本名かどうかは怪しいと思っています

それも、この世から去ってから「天皇の妃」という形で本名が遺されました

生前に間違っても皇后の本名など口にしようものなら大問題になったでしょう

実際には皇后宮とか、**院皇后宮 と呼んでいたと思われます


歌の世界に名を残した女性たちも例外ではありません

和泉式部、大弐三位、赤染衛門、紫式部、伊勢大輔、小式部内侍

誰一人として本名の女性は居りません


日本の歴史は8世紀に造られた

私は皇統すら創作されたものと考えています

日本書紀の編纂の目的の一つは【万世一系】としての権威づくりで

何度も王朝が変わったことが、自分達の正当性を誇示できなかったから

あくまでも自分達は万世一系の皇統の後継者なのだという「刷り込み」

だったと思います



次回から、そんな皇統史に纏わる疑問を考えてみたいと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/09/05 Tue. 23:20 [edit]

category: 歴史

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tukuyomi2017.blog.fc2.com/tb.php/77-d9882ec7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top