○○だけは違う!  


めっきり涼しさを感じるこの数日

エアコン要らずの季節に入ったかもしれない(希望的観測)


何処かへ出かけたい虫が、ごそごそと蠢いてきたが・・・

纏まった連休が決まらないので、実現しそうにない(笑)


思いついたら先の事を考えずに、車に乗ってあるいは電車に乗って

飛び出していく無謀さも持っている長屋の爺だが、人込みが苦手なだけに

「思いつく」ことは滅多にないですけどね・・・





人間という生き物は思考の迷路に嵌まっていても意外と気づかないのである

盲信とか盲目的とか言われていることでも、私には関係ない、私は違う・・・

綺麗なバラには「棘」があり、かわいい妖精(クリオネ)も醜い姿を見せたりする

人間は子供を卵では産まないし、ながら運転をすれば目を覆う大怪我をする

だれでも血など観たくないけど、血を見るような行動を平気で行っている

他人の心の中など理解できるはずもなく

他人の気持ちなど考えて生きている人間など居ない・・・・


○○宮だけは違う

*子さまだけは違う

私たちが知っている皇族の姿など、現実の1%も無いかもしれない

それなのに、○○だけは違うという感情こそ、自ら見えないようにして

観ていることではないでしょうか

馬でも斜眼帯(しゃがんたい)を着けていては周りなど見えないのに・・・


開かれた**という言葉の世界に、全てが見えているかのような

大きな勘違い・錯覚をしているのかもしれないですけどね


私が平安期の皇族の通説に異論を唱えると、「そんなことは無い」と

反論された方もいたが、これだけIT時代になって多くの真実の断片が

明らかになった時代でも、「出自」「経歴」「素行」などが歪曲・捏造されて

庶民の耳目に曝されている現実があり、千年も昔ならいくらでも「書きよう」

があっただろうし、どんな伝記に仕上げようと可能だったはずです

「天子さん」のことは日本の庶民には雲の上の世界の話だったのですから

早い話、今以上に一部の人間だけの世界だったという事になります


昭和天皇を最後に日本の皇室は荒廃したと言いながら、**家だけが救い

最後の砦のように書いておられる方も多いようだが

政治家がどこを切っても「金太郎飴」のように、自分達のことしか考えていない

現実を観れば、推して知るべしであり、その世界にはその世界の人間にしか

分かり得ないことが多いという事

その家の事はその家の家族だけにしか、わからないことが有るように・・・・・


【自分だけは違う】という発想はどんどん膨らんで、【あの方だけは違う】となり

あの方に限ってあり得ない、そんなことは信じられない、悪意を以て嘘を言うな

と、どんどん回りが見えなくなってしまうことにもなる

盲信とか狂信というのは大げさだが、周りが見えなくなっていることは意外と

自分自身では気が付かないことが多い気がします


私は生来の偏屈・根性曲がりですから、人と違う見方から始めることが多い

その「鍵」は、なぜ?どうして? からです

事件であっても社会報道であっても、そのニュース・記事になった背景の「なぜ」

「どうして**は?」ということから考えます

大きな話題のニュースでも、直感でブログに書くことは避けていて

自分の中で「なぜ・どうして」に一定の答えが見えた時、その持論の半分程度で

ブログ記事にします

あまりにも過激な私感や暴論を書いて面倒なのも遠慮したいですしね(笑)

それが見えてこない時はブログで取り上げることはしません


今回の婚約騒動にも「長屋の爺」なりの推理・暴論はありますが、あまりにも

突飛な事(世間的に)なので、書くことは無いと思いますけど・・・

全ての事には【理由(わけ)】があります

上から下から後ろから斜めからあらゆる可能性を消去法で考えれば、残るのは

二つ三つでしょうか?


私は天皇擁護派でもないですし、皇室不要派でもありませんが

どうして自民党は歓迎しているのでしょう(これが一番大事)

どうして野党は静観しているのでしょう(明白です)

どうして国家の重要な発表が最初にマスゴミから出されたのでしょう

これとて長屋の爺の暴論ですと言っておきますが・・・


崇拝というのは「神秘性」が不可欠です

開かれた時点で皇室に崇拝の資質が無くなったという事かもしれません

あくまでも長屋の爺の個人的な意見ですけど・・・。


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/09/03 Sun. 19:24 [edit]

category: 私の思い

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tukuyomi2017.blog.fc2.com/tb.php/75-c3023043
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top