つける薬も無い  

《 祭だ ワッショイ・・・炎上 上等! 》


私がこのブログを始める前・・・

と言っても、前ブログを止めて、どうするか思案しているとき

いっその事「親しい人」だけが閲覧できるスタイルにでもしようかと

本気で考えていた時期がある


私の実態は「けっこうな過激爺」であり、本音を書けば騒がしくなる

ひよった読者の相手も鬱陶しいので、数人の親しい読者だけのブログも

良いかな・・・なんて考えていた


どうしてそう思ったか?

最近のブログのコメント欄を見れば、誰もがそう感じてしまう事だが

第一に 【挨拶ができない人間ばかり】

第二に 【他人様のブログのコメント欄に、長文の持論を展開する】

第三に 【まともなブログネームすら書かない】

第四に 【冷静に、且つ論理的に物事を考えられないで批判する】

最近は私のブログは「平穏無事」 (40人くらいの閲覧ですから 笑 )

なので、その心配も無駄なのですけどね・・・


他人様の家なり、職場を訪れていきなり用件を話し出す人間など

この世に居るのでしょうか?

先ずは 【挨拶】 【名乗り】 そして【用件】ではないでしょうか・・・

そんなことも理解できない人間が、偉そうに講釈垂れると腹が立つ


他人のブログ批判するほど「ヒマ」なのでしょうけど

何かを信じるのは結構な話だとは思いますが、それを他人に強要

するのは、いただけない話だと思っています

わたしは「痘痕も靨(あばたもえくぼ)」が大嫌いで、盲信することも

嫌いなので、シンパサイザーになることもありません

政治家であろうと、役者であろうと、歌手であろうと・・・・


過激な批判をする人は、周りが見えなくなっている事に気付いているのでしょうか?

私はブログで不適切なコメントを書く人の多くは、自身はブログを書いていない人が

大多数のような気がします

言い換えれば、フィールドに降りないで、観客席から罵声&ブーイングする・・・

姑息な輩とでも言いますか・・・

非論理的なことも恥ずかしくもなく口にする・・・どこかの国の国民のように


私は常々こう書いてきました

反論があるなら 自信のブログに書いて「招待状」をください

(観るか観ないかは私の自由ですけど・・・・)


そんなわけで、ブログを書かないけど批判コメントを頻繁にする人は

ブログに書くとダメ出しされたり、批判されるのが嫌で「書かない」

のだと、私は思っていますが・・・

結局、他人様のブログに「ダメ出し&過激な批判」を平気でする人は

評論家やコメンテーターにでもなった気なのかな?

なんて思っていますけどね(笑)


現代は「100かゼロか」、「白か黒か」、「右か左か」、「敵か味方か」

そういう短絡的な思考で動いているようです

忖度とか斟酌とは別の【慮る(おもんばかる)】ことが忘れられています


熟慮せず短絡的に物事を判断する風潮は日本人には似合いません


私のような人間は世の中のマイノリティーだろうし、不必要な人間ですが

持って生まれた性分ですので、今更変えることもできません

さらには、私のような馬鹿につける薬もありません・・・

そして・・・現代人の「病」に効く薬も、無いような気がします。

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/07/18 Tue. 23:32 [edit]

category: 私の思い

tb: 0   cm: 1

コメント

切磋琢磨って、誰?

おはようございます
先日は大変お世話になりまして
ありがとうございました

予てから接見の折はくれぐれも
失礼の無いようにと念じておりましたが
お酒が入りますと・・・・ちと・・

なにやら
東京へお越しくださるとの気配が窺えましたが
ご予定がお決まりになりましたら・・是非とも・・・
あないしたきしもたやがございます

な~に
爺いが商いをしている小さな鰻屋でございます
ここの店主殿と話をしたことはありませんが
酒と刺身と地焼きに言い分が顕われております
一度、案内がしとうございます

遠雷、突風にお気をつけくださいまし
あはは。

URL | はしびろこう・ウナ #-
2017/07/20 03:06 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tukuyomi2017.blog.fc2.com/tb.php/49-654cb34c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top