藤原氏の出自 2  


新益京を造営したのは持統天皇であり、その京を捨てたのは元明天皇です

平城京遷都の勅を出したのは元明天皇の皇子・文武天皇が崩御した翌年

遷都と文武天皇の崩御に因果関係がありそうだ・・・


天孫降臨神話を創作してまで孫の文武天皇に譲位した持統天皇が崩御して

その5年後に25歳の若さで亡くなった文武天皇・・・・

その死後、慌てて平城京を造営した理由とは・・・

「けがれ思想」だけでは説明できない、何かがあった可能性もある


私は天皇が「即位の儀」を執り行わず、実権を握り「政治」を行うことに

疑義を感じている

いわゆる【称制(しょうせい)】と呼ばれるものだが・・・

選挙制度など無い時代であっても、支持するものが多ければ即位することに

大きな障壁はないはず・・・

即位出来ない理由の多くは、継承権が無い、若しくは無いに等しい場合である


私の「妄想」であるが、持統天皇に「次期天皇継承権」が存在したかどうかより

女性天皇と言う制度自体が存在していなかった可能性があるのだ

日本書紀の記述から、推古・皇極(斉明)天皇という女帝が居たとされる

しかしその記述を残したのは持統天皇の時代である

それまでの「国書」に相当するものは「遺されていない」

であるならば、存在自体無かった可能性も否定できないのだと・・・


もう一つは、持統天皇が天智天皇の娘などでは無かった可能性だ

天皇の娘ではなかったなら、皇位継承権など有る訳が無い・・・

日本版・易姓革命の可能性も否定できない事になる

あくまでも私の妄想ですが・・・


天皇皇后が「仲睦まじかった」とされることに違和感を感じる長屋の爺

とくに「表面に出てくる」 強い皇后、優れた皇后、慈愛に満ちた皇后という

歯の浮くような美辞麗句で語られる「過去の皇后」の伝承は信じられない

強く優秀な女性なればこそ、夫である天皇が保持していた権力に「固執」

するのではないだろうか・・・・

たとえ、自身に皇位継承権が無くとも・・・・

そのような「権力欲」の強かった持統天皇が造営させた「新益京」を

わずか数年で捨ててしまったのには理由があるはずだ

平城京より平安京よりも大きな都城を捨てるには相応の理由があるはずだが

日本書紀は「黙して語らない」

日本書紀が日本の歴史「皇統史」の真実を書き残したとするならば、これほど

不可解な話は無い

わたしが日本書紀をバイブル・物差しにする専門家に不満を感じる大きな

要因なのである

肝心な疑問点は「棚の上にあげておいて」、日本書紀に書いてあるから「真実」では

誰も納得しないのではないだろうか・・・

私は文武天皇がどうして25歳の若さで死んだのか?

そのことが大きなヒントになるのではないかと思っている

本当にこの時代ヤマトが一つになっていたとは思えない・・・

戦乱と呼ぶには少し違う気がするが、何か反目するような

小さな内乱・騒動が起きていた可能性もある



余談だが、天武天皇に負け自害したとされる天智天皇の後継者・大友皇子

山前(やまさき)で自害したとされているが、その場所も埋葬された場所も

正確には特定されていない

首を斬られて天武天皇の前に差し出されたことになっている

ところが日本各地に「大友皇子」の逃避伝承が遺されている

身代わりに後を託し、蘇我赤兄・蘇我大飯らに守られて愛知県、千葉県

に逃れたというのである



たしかに愛知県三河地方にも大友皇子が隠れ住んだ「館跡」とされる

伝承石碑が遺されていて、近くには神社も建っている

【大友天神社】

(由緒) 壬申の乱の後、従者・長谷部信次などとこの地に流遇し草案を結ぶ

信次は皇子のために一祠を創建奉納し之を【天神宮】と称す

その所在地を「大友」、部落を「長瀬」と呼ぶ

(近隣の「小針1号古墳」は大友皇子の墓だと言う伝承もある)


大友皇子(天智天皇嫡子)も文武天皇(元明天皇皇子)も偶然に

25歳の若さでこの世を去ったことになっている

元明天皇が新益京を捨てた理由もその辺りにあるのかもしれない

文武天皇がどういう「死」を迎えたかで歴史の見方が大きく変わると

私は考えている。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/07/07 Fri. 22:46 [edit]

category: 歴史

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tukuyomi2017.blog.fc2.com/tb.php/43-7c8b554f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top