人生の歩み方  


私は成功者の自伝・自著、偉人伝や「成功に導く**法」「失敗しない**」

などという書籍は全く興味が無い

成功者の自著など「後出しじゃんけん」「こんなことやりました」なのである


人間は見かけだけでなく、産まれた環境、育った環境、家庭の躾け、家族構成

対人環境、教育環境、時代背景など同じ状況などあり得ないのだ・・・

そんな人物の生き方・人生の歩き方・考え方を自分に移し替えても

おなじ作物(人間)になる訳が無い・・・・

こういう事をいうと、「あくまでも心構えだから」「「ヒントにすればよいじゃないか」

そういう言葉が返ってくる

たしかにその通りなのだろうが、長屋の爺は「偏屈」「へそ曲がり」の見本みたい

な人間である

「私はこうやって成功者になりました」 と自慢されているようで、気分が悪くなる

劣等感、引け目だけで生きて来た「くそ爺」だから、「なるほど、そうか」とは

ならないのである(笑)

もう一方では「占い」「予言」「予想」は全く信じていないし、観ることも無い

一番の「策」は自ら経験することであり、絵に描いた餅は「腹を満たさない」

というのが信条だ・・・

自分勝手で他人に厳しく自分に甘く、面倒くさがりのくせにのめり込む体質で

一度嫌いになると「とことん嫌う」が、好きになっても「痘痕(あばた)も靨(えくぼ)」

には決してならず、ダメなものはダメ、盲目の**を嫌悪している(笑)


他人の良い処だけを観て過ごせる人は「幸せ者」かもしれない

ダメなものは天皇だろうと、総理だろうと親だろうと妻だろうとダメなのであり

おかしい事はどう差し引きしても「おかしい」のである

そんな私を周りの人は「性格異常者」「感情破たん者」とか言っている(笑)


例えば成功者の言葉に「諦めなければ必ず**できる」とあったとする

その言葉を信じた一人の若者がいた

ある朝寝坊しバスの時間に間に合いそうもない

しかし「あの言葉」を信じて必死にバス停まで走ったとしよう

バス停に着くと同時にバスがやってきた

「やっぱり諦めずに走って正解だった」 と若者は思った

ところが・・・三つ前のバス停付近で交通事故があり4分遅れの

到着だった

彼が必死に走っても本来ならば「乗り遅れ」は確実だったのだが

バスが遅れていたために間に合った

これが走ってもバスが通過した後だったら彼はどう思うだろうか・・・



「やはり諦めずに走ったって、バスには間に合わなかったな」

「やっぱり諦めずに走って正解だった」

この違いは諦めずにいたからだろうか?

どう考えるかは個人の自由ですが・・・

諦めようと諦めまいと、結果から導く答えは「後出しじゃんけん」

私は常にそう思っています



道は一本じゃないし、答えも一つじゃない、やまない雨は無く

昇らない太陽は無いし、全ての道は目的地に繋がっている

近道を探して「あみだくじのような道」を通るのも人生

真っ直ぐに大きな道だけを選んで走るのも人生

遠回りだけども景色の良い風の匂いを感じる道を走るのも人生

人に教わった道だけを走るのも人生である


天皇の言葉が尊い立派なものとは限らない

一国の宰相の言葉が正しいとは限らない

新聞に書いてあるから事実なのでもない

教科書に書いてあるから史実なのではない


神さまとは「鬼」でもあるという

人間の心の奥に「鬼」が棲むという

結果として、人間の心には「神」と「鬼」が棲んでいるのである

鬼性を出すか、神性を出すかは、生まれた環境や育った環境

人生の軌跡によって変わるものかもしれないが・・・

成功者の言葉によって変わることは無いと確信しております。

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/04/03 Mon. 21:38 [edit]

category: 私の思い

tb: 0   cm: 2

コメント

ツグミさんへ

ツグミさん ご無沙汰でした

私も最近は「らしく生きる」を意識して生活しています

そうすると、他人の事より自分が「こうすべき」と」感じた方向に

沿って判断できている気がします

他人を無視するのでもなく、他人の眼を気にしないわけでもなく

何を一番に考えるのが良いのか、優先順位を選択する決断力

のようなものを養う事かもしれません

親が子供の理想的な未来を作ることなど不可能であり、子供が親の望む理想的な未来を保証できるわけもなく、夫(妻)が自分の思い描いた人生を作ってくれるわけでもありません

人は独りで生まれてきて、一人で旅立たなくてはいけません

最期まで「他人のせいにする生き方」では寂し過ぎます

自分の人生はどんなに理屈をこね回しても、「自分の人生」以外の何物でもないと私は考えています。

URL | 長屋の爺 #-
2017/05/07 23:02 | edit

こんにちは。
う〜ん!いいですね。すごく、考えさせられました。
いやぁ〜何が正しくて、何が正しくないなんて分からないですね。
私は還暦を過ぎてから、自分らしい生き方、自分らしい人生をずっと考えてたら、脳ミソが垂れてきました。・°°・(>_<)・°°・。
まだまだです...。

URL | ツグミ #-
2017/05/07 15:57 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tukuyomi2017.blog.fc2.com/tb.php/4-9b85b5fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top