どちらを選択するかの理由とは  


プロ野球は読売ジャイアンツが13連敗をしたと大盛り上がり

その陰で10連敗をして後を追うヤクルトスワローズの姿が

何とも寂しさを感じる(本日、交流戦初の勝利で連敗ストップ)

勝っても負けても話題になる巨人、勝てば珍事、負ければ当然の

弱小燕軍団との「扱い」の差はどういう事なのか・・・・


プロ野球選手が初めてホームランを打つと、そのボールは観客から

本人に戻されると言う(あくまでもボールを拾った観客の方の好意ですが)


私はふと考えてしまった

そのボールは確かに選手が打ってホームランになったボールなので

選手本人にとって掛け替えの無い貴重な品である

ホームランになる前の投球がファールになっていれば、たった一度投手が

投げて、打者が打ったボール・・・

たまたま審判のボール袋に入っていたボールが使われた・・・

運命のボールと言えばそれまでですがw


では・・バットはどうなのか?

ボールにばかり興味や関心が向いてしまうが、打ったのは打者であり

そのホームランを「生んだ」のは紛れもなく「その時のバット」なのです

なぜプロ初ホームランのバットに光が当たらないのか?

どんなバットでもホームランになったとでも言うのだろうか?

それまで折れずに選手が使い続けてきたバットなのに?

どうでも良い事かもしれませんが・・・気になりますね(笑)


そこで、本題です

天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)は「八岐大蛇」の尻尾から出てきたとされています

別名・草薙の剣(くさなぎのつるぎ)のほうが知られていますが・・・

八岐大蛇を退治し蛇の尾を切り裂いたのは・・・十拳剣(とつかのつるぎ)である

別名「天羽々斬(あめのはばきり)」といいますが、草薙の剣に当たって刃が欠けた

とされ、この剣からアマテラスが三女神を生んだとされる

八岐大蛇を退治した剣より、出てきた方の剣を「神器」にしたというのだが・・・

バットとボールの関係に似ていませんか?


天羽々斬(十拳剣)は【石上神宮】に祭られていると言います

石上神宮は「物部氏」が祭祀を行っていたされ、ヤマトの武器庫と

して重要な役割を果たしていたという

石上神宮は出雲国造と同じ【神主の忌火成り神事】が行われたという

*神饌を煮炊きするため、火鑽(ひきり)によって神聖な火を得る神事のこと

天皇家と出雲国造(千家氏)、そして石上神宮(森氏)の関係は興味深い・・・


一方、草薙の剣は【熱田神宮】に祭られています

由緒では、素盞嗚尊は、ヤマタノオロチ退治の際に、ヤマタノオロチの尾の中から

草薙剣を発見し、天照大神に献上した

天照大神は、その草薙剣を天孫降臨の際に迩迩芸命(ににぎのみこと)に授けた

日本武尊は、草薙剣を持って蝦夷征伐を行い活躍したあと、妃の宮簀媛命のもとに預けた

宮簀媛命は、熱田の地を卜定して草薙剣を祀った



と、言われていますが・・・神器を蝦夷討伐に使ったり、大事な剣を預けたりと・・・

普通の剣のような扱い方をされているところが、なんとも解せません

何よりそんな大事な「神器」を祀る【尾張氏】について、記紀は無視しています

天皇家にとって「重要」だったから三種の神器の一つを祀っているのでは

と思うのはおかしいですか?

三種の神器が祀られているのに、熱田神宮にも明治までは天皇の参拝が

確認できません(伊勢神宮と同じ?)

*1868年(明治元年)9月27日:明治天皇
1878年(明治11年):明治天皇
1906年(明治39年):皇太子嘉仁親王(大正天皇)
1916年(大正5年):大正天皇
1946年(昭和21年):昭和天皇
1991年(平成3年):今上天皇・皇后
2005年(平成17年)7月12日:今上天皇・皇后(2005年日本国際博覧会行幸啓の折)


ちなみに、明治以前は【熱田神社】と呼ばれ、神宮とは呼ばれていなかった

三種の神器が祀られている社を「神社」と呼ばせていた天皇家って・・・

不思議な気持ちになりますね(笑)

三種の神器と神宮&神社については次の機会に・・・・。


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/06/11 Sun. 21:31 [edit]

category: 歴史

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tukuyomi2017.blog.fc2.com/tb.php/35-a653c414
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top