FC2ブログ

めでたい?おめでたい?



ようやく感冒(風邪)の悪夢から解放された長屋の爺です

月末の6連勤も昨日で終わり、部屋の模様替えでクタクタな

今日の私ですが、可もなく不可もなく、楽しいわけでもなく

悲しいわけでもなく、何という事のない五月の始まりです



ネットのニュースは即位・令和の祝賀ムード満載の陳腐なものばかり

何がめでたいのかは知らず・・・

そういう話題で無駄な一日を過ごす日本人こそ「おめでたい」のかも・・

日本人は何でも「お」を付ければ丁寧だとか上品だとか勘違いしている

おめでたい という語の意味は

俗に「お人よしである・ばか正直である・楽観的すぎる」そういう意味(笑)

※ 本来は「めでたい」の美化語でもあるのですが・・・


譲位の裏の意味も知らずに喜ぶさまは危機的な状況でもある



日本の譲位の嚆矢(こうし)は皇極天皇が弟の【軽皇子】に天皇位を

譲った時とされている (本当か嘘か不明なのも事実ですが・・)

これは年齢や病気だからという理由ではなく、政治的な理由に

よるものと考えられています


つまり・・・譲位の歴史は「権力と政治」による「思惑」によって

良い悪いではなく、仕方なく「汚い政治力」「汚れた陰謀」によって

譲位の歴史は築かれてきました


皇極天皇の場合も息子である「中大兄皇子」に継がせたいばかりに

譲位を画策しますが、臣下の反対も大きく断念して、政治的思惑で

弟(皇子の叔父)の軽皇子にいったん譲位する道を選択しました

傀儡政権も順調には機能せず、王位を取り上げ前帝の皇極が重祚した

斉明天皇の誕生である

※ 重祚(ちょうそ)とは天皇位を降りた者が再び天皇位に就くこと


譲位の歴史は女帝の歴史でもある

皇極天皇から始まり持統天皇、元明天皇、元正天皇と女帝の特権でもあった

皇極天皇から孝謙天皇まで百年あまりの期間で六度の譲位が行われ

その大部分が女帝が譲位したものなのだ

※ これを【ヤマト譲位第一期】と私は呼んでいる


孝謙天皇の後、光仁天皇・平城天皇・嵯峨天皇・仁明天皇と

天皇位の譲位は代々続いていくことになる

上皇政治の始まりであり、藤原摂関政治への序章でもある

※ 此処までを【ヤマト譲位第二期】と呼んでいます


その後の譲位の歴史はさらに醜く、権力を色濃く反映したものとなり

藤原政治による薄汚れた「闇の譲位」が横行するようになります

藤原氏全盛の期間に行われた譲位を【ヤマト譲位黄金期】と

私は呼んでいます(笑)


譲位が「めでたい」と思うのは自由で、めでたいことは良い事です


その真意(裏側)から目を背けては「おめでたい人」になります

女帝の歴史は譲位の歴史・・・・・

権力欲に溺れた女帝の歴史は繰り返す



愛する者に権力を継がせたい親心は悪しき歴史の一ページを

記すことになる気がしています






天は必ず観ている

天は罰も与えなければ、幸も与えない・・・・・・

だが、八百万の神は感謝する者にだけ【幸】を与えると私は思っています

彼等の口にする「神」が如何なる神なのか?


長屋の爺は知らないし、知りたくも無いですが・・・・・・。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

KUON さんへ

おはようございます

この世に「偶然」は存在しないという持論で生きています

今回の事象は複雑、巧妙に仕組まれた政治問題です

良識ある日本人は「違う意味の五月病」に罹患するかも?

私の書いた駄文、kuonさんには永久的に使用許可は

発行済みですのでご自由に(笑)

No title

爺さま

皇室を卒業、とか書き走って(口走って、の感じでお読み下さい)、未だ区切り付け得ず。

あ~、だり~い、来ました五は。すみませんがお記事お借りします。。

ゴネコさんへ

こんばんは

達観したわけでもなく、人間が成熟しているわけでもなく

キャンディーズ曰く・・・「ちょっと気取ってみませんか」

そういう事にしておきます(笑)


日本人は世界でも数少ない【恥】を知る民族だとか

今回の様子を見る限り、私の眼には恥を知る民族とは

映らないのですがw

目が悪い? のかも・・・・。

さすがでございます。

カタツムリ枝に這い……、
というような心境にはなれず、
ついブログにて醜い思いをぶちまけてしまいました。

何ということもない五月をお迎えの長屋の爺さま、
さすがでございます。

天網恢恢、天は見ているのでございましょうか。
プロフィール

長屋の爺

Author:長屋の爺
玉は琢磨によりて器となる。
人は練磨によりて仁となる。
必ずみがくべし
すべからく練るべし。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR