正しさ、常識、普通とは何?  


久しぶりの休日

しかし、外は雨

今日は自堕落な一日を過ごそうと、5時に眼ざめ

6時半に起き、トイレに行ってまた床の中に・・・・

二度寝ならぬ三度寝を満喫

可燃ごみの日だった事すら気づかずに、爆睡した

人は無性に何かを求める時、「体の本能が欲している」

それが持論であり、実践していることなのだが・・・


私には治らない習性(癖)が幾つかある


くすんで曇った「ガラスコップ」が嫌いで

茶渋の付いた茶碗で、お茶が呑めない

(これは幼少期の記憶が原因だが・・・)


食べたくない食材も一緒に出される、「定食」「懐石料理」が嫌い

好きなものを、好きな時に、好きなだけ食べるのが信条

(とは言っても、生来小食で好き嫌いはそれほど多くないし

贅沢な食生活とは無縁なのだが)


他人に注がれる「酒」が大嫌いで、酒に酔って暴言を吐いたり

普段口にしないことを「ほざく」人間が大嫌いだ

いわゆる「質の悪い酔っぱらいを見ると 張り倒したくなる」

酒を呑んで「記憶がない」とほざく人間を認めない・・・

そういう理由から、新年会、忘年会、親睦会は参加しない

相手がどういう立場、どういう世界の人間でも我慢できない

事を起こしたくないから・・・・酒席には顔を出さない人生を送っている


いまでは私の周りで、私が酒を呑むことを知っている人間は

殆んど居ない・・・

世間では、私は酒が呑めない・酒を呑まない爺として認知されている

ゴルフに行って、昼にビールを呑む連中が多くても、私は一切呑まないし

友人たちと昼食や夕食を共にしても、酒は呑まないことにしている

酒を呑まない爺と思われることに不都合も支障もないのが現実だし

私の家にビール、ワイン、日本酒、焼酎があることを誰も知らない


では現実の「長屋の爺」はどうなのか?

週に3~4日、寝る前に焼酎のお湯割りを1~2杯

年に2~3度、日本酒を昼間から呑むことが有り

夏の休日に夕方から缶ビールを呑むのが恒例になっている


自分のペースで呑むのは、「何が有っても」自分を見失わない状態で

いなければ、人生を誤るから・・・

また、それが日本男児のあるべき姿だというのが、私の信条だから・・・


わたしは周りの人間が思うほど強くもないし、賢くもないし、品行方正でもない

若い頃の「恥」なら、それこそ枚挙に暇がないくらいであり

タバコは15歳から

ギャンブルは16歳から

酒も19歳から経験してきた

20代前半は給料のほとんどを「呑み代」で消費した馬鹿であり

上野の街を「血染めのYシャツ」で、やくざと鬼ごっこした馬鹿であり

20代半ばは「賭けマージャン」で生活していたクズであり

息子の「出産費」を競艇で使い穴をあけ、最終レースで取り返して

ギャンブルの怖さを知り、足を洗った馬鹿でもある


偉そうなことをいえる資格などないのが「実像」なのだが・・・

人生をやり直すことは不可能だが、軌道を修正することは可能であり

気づいた者だけが実感できることもある

間違う事は罪ではない・・・

間違いに気づくことが大事なのだと思う

気づいても「どうにもならない事」は確かにある

だからと言いって、修正しない人生ほど無意味なものはない

悪いとわかっていて「修正・更生」しない事が一番の罪かもしれない


十分な睡眠の後だからだろうか・・・・

昔のことが妙に思い出される夜みたいです(笑)


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/05/25 Thu. 23:20 [edit]

category: 私の思い

tb: 0   cm: 1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

 |  #
2017/05/27 19:27 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tukuyomi2017.blog.fc2.com/tb.php/27-a7ae102c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top