FC2ブログ

理想と現実の狭間で  

未曾有の被害にあった北海道に多くの人が関心を寄せている

長屋の爺にとっても北海道は故郷であり、親類縁者も存命していて

被害者遺族にはかける言葉も無い・・・・・



こういう状況になるたびに、「遠くへ来た」意識が湧き起る

思えば遠くに来たもんだ

まさにこの歌詞の心境であり、故郷未だ忘れ難くなのである


現地では電力事情による停電も何とか回復したようだが、需給のバランスから

節電を呼びかけ、計画停電をちらつかせ対応に躍起になっている

このような状況下で「原発推進派」と「脱原発派」のボルテージが上がってきている


原発を停止しなければ今回のような大規模停電は起きなかったと言う意見もある

たしかに一理ある意見ではあるが、原発に限らずモノにはメリットとデメリットが存在し

どの角度から観るか、どう判断するか、どう発言するかは個人の自由でもある



北海道は内地(本州)と違い、食料の多くを冷凍保存する習慣があり

各家庭では冷蔵庫とは別に大きな冷凍庫を常備していることが多い

こういう状況になって停電が長引けば、冷蔵庫内の食品だけでなく

冷凍庫の中の大事な食糧を廃棄することにもなる


さらに水産加工会社の冷凍庫や冷蔵庫内の魚介類は無残な事に・・・

そういう意味からいえば、安定的な電力の確保は「地方重視」に

適う事になるのだ

しかし、タラレバで言えばもし地震が「泊原発周辺」で起こっていたら

違った結果になっていたことも間違いないのである


私は泊原発の停止・稼働とは別に、今回のような未曾有の災害があって

電力に著しい問題が発生したことは「よい機会」ではないかと思っている

どうすれば「安定した電力」が得られるのか、原発だけでなく再生エネルギー

も含め、議論を重ねるべきだと思う


※ 今回の震災を好機として「パチンコ屋」のネオンを禁止することを

私は願っていて、パチンコマネーで汚れた代議士諸氏には死んだふり

したい案件だろうが、過剰な広告塔やネオンサインを規制する絶好の

チャンスではないかと思う


原発も太陽光も風力も水力も火力も【万能】では無い事を肝に銘じるべきであり

日差しの無い処に太陽光発電は無力であり、風力発電も猛烈な風によって

破壊されてしまう事も事実であり、水力発電ですら送電システムが完ぺきとは

言い難く、火力にいたっては「燃料」が滞らないという最低条件をクリアしなければ

役に立たないという事も、原発は口にするまでも無く、安全神話に頼らず最上級の想定

をして、維持管理すべきことを、国民全員が知る機会だと思っています



もう一つ言わせてもらえば、本州四国九州在住の人々は心から犠牲者の冥福と

一日も早い復興を祈っている事だろうと思います

しかし、この日本に住む限り

【明日は我が身】という意識を一瞬たりとも忘れてはいけない

東京直下、関東大震災、東海地震、東南海地震、南海地震と我々の周りには

「いつ起きても不思議でない」大震災が息をひそめていることを・・・・。



関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2018/09/10 Mon. 20:13 [edit]

category: 戯れ言

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tukuyomi2017.blog.fc2.com/tb.php/236-7161faa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top