FC2ブログ

得るものと失うモノ  

台風の爪痕は被害だけを残し、教訓は遺していかない


社会が便利で快適になればなるほど、多くの大事なものを失って行く

騒音問題で郊外から海の先に移転してウィンウィンで落ち着いたように

見えるが、一度自然の猛威に晒されると、その脆弱性が露見してしまう


この国では「最悪を想定する事」はタブーなのである

自動車のナビゲーションが最短距離か最短時間を選択するように

安全という選択肢は除外される


まさか連絡橋に船舶が衝突するという「想定」はなかっただろうし

空港全体が冠水するような風水害など想定すらしていなかった


台風が上陸するたびに、送電システムが断たれ停電を繰り返しても

同じ状態に戻すことで蓋をしてしまう・・・・


発想が同じなのだから、変えようがないといえばそうなんだろうが・・・

もし関西空港や中部国際空港がテロリストに占拠され、連絡橋が

通れない状況になっても、帰ってくる答えは【想定外】なのであり

原発の予備発電機が安全とは言い難い立地に設置することと同じである


舵を握るものはあらゆる最悪を想定し対処する技量が求められる

想定外でしたと口にするものは、自ら技量不足・能力不足・資質不足を

告白しているのである



最悪の事態を想定し、最善の方策を選択する

この意識が無い者が上に立ってはいけないのであり

自ら進んで上に立つ意を示したのなら、この意識を常に心がけるべきだと

長屋の爺は思っている


安倍晋三氏にこれが有りや無しや

石破氏にこれが有りや無しや

東宮にこれが有りや無しや

一つの組織を改善改正できない者が、国を変えることなどできようか・・・



憲法を守れない人間がはたして憲法改正に手をつけて良いものか?

明らかな憲法に抵触する今回の「譲位問題」

これをうやむやにする安倍内閣に【憲法改正】は荷が重すぎると

長屋の爺は考えます


毅然とした態度 という語句が広辞苑から消える日も近いのかもしれない。


※ 遺憾 という言葉は「気にしていない」という裏の意味を持ち

 毅然 という言葉は「寝たふり」という裏の意味を持つ

善処します という言葉が「何もしない」という裏の意味があるように・・・。

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2018/09/05 Wed. 22:37 [edit]

category: 私の思い

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tukuyomi2017.blog.fc2.com/tb.php/234-6be693df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top