ゴマ豆腐、雨の九頭竜湖  


帰路では高速に乗らずに、一路「九頭竜湖」へ向かう・・・

あいにくの雨だったが、これもまた「旅」の思い出になる


途中、「永平寺ごま豆腐」を買い求めに寄り道・・

ごまをする



混ぜる



混ぜる2



まぜる3



型に流す




DSC_0083-22.jpg



切り分ける



完成


大本山永平寺御用達  操業明治弐拾壱年

【 團助 だんすけ 】 さんの店頭展示より







DSC_0002_01-22.jpg





DSC_0018_01-2.jpg




DSC_0015_01-22.jpg




DSC_0017_01-22.jpg




DSC_0007_01-22.jpg




DSC_0011_01-22.jpg




DSC_0016_01-2.jpg






DSC_0005_01-22.jpg




DSC_0004_01-22.jpg




DSC_0006_01-22.jpg




DSC_0013_01-22.jpg


雨の「九頭竜湖」、どう見えますか?

大きさをお伝えできないのが残念ですが、雨の影響ではないでしょうが

ちょっぴり神秘的な風情でした




子供が小さい頃は「若狭の海」へ海水浴に行ったり

「小松」「片山津」までゴルフに行ったりと、何度もこの地方には

足を運んでいても、永平寺には「縁」が無く先祖も呆れていた事

だと思います

今回初めて大本山永平寺を訪れて、果たすべき「ひとつ」を成した

気持ちでいます

「曹洞宗の信徒」というには憚られる長屋の爺ですが、先祖供養の

足しになればという思いで、今回の永平寺にお参りを無事終了できました


私の座右の銘は、「玉磨かざれば器を成さず 人学ばざれば道を知らず」

でした・・・

この言葉の「もと」が曹洞宗開祖・道元禅師の言葉だったことを

今回再確認いたしました


玉は琢磨によりて器となる。

人は練磨によりて仁となる。

(中略)

必ずみがくべし

すべからく練るべし。




「究極の晴れオトコ」と自負していた長屋の爺でしたが

今年に入って20年ぶりに「雨のゴルフ」に直面し

今回の旅行も「雨」という結果に、「晴れオトコ」返上しようかと・・・

雨は嫌いじゃないけど、大事な一眼レフカメラが濡れるのは嫌!

雨用にカメラ購入など無駄な話で、何とも悩ましい旅の総括でした(笑)




関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/05/15 Mon. 22:32 [edit]

category: 旅の記録

tb: 0   cm: 2

コメント

ウナさんへ

こんばんは

最近の大工は「鑿(のみ)を研げない」と頭領が嘆いていました

釘は「エアーくぎ打ち機」で打ち、鋸(のこ)は替え刃式で済ませ

カンナは「電動カンナ」で行います


腕の良い大工は一日に何回も掃除をします

私は夕方に仕事が終わってから一度だけ掃除をする職人の仕事は「お粗末」だと自信を持って言います

散らかったごみの中に大事な家を傷つける異物が混じっているかもしれません

クレームの付く仕事なら「やらないほうがまし」でしょ?

「最後にすればよいだろう」

「どうせまた汚れるのだから」

その理屈からいえば、どうせ汚すのだから、体も洗わず、洗濯もしなくてよい事になりますよね・・・

自分の仕事は【段取り8分 仕上げ2分】が信条ですから

最悪を想定し、最善を選択するに限ります。

URL | 長屋の爺 #-
2017/05/16 22:16 | edit

道具は生き物

お早うございます
一度だけ行ったことがありました
冬の寒い廊下でした
スリッパを持ってくれば良かったのにと思いましたが
なぜか
靴下を脱いだのです
ときとして
不思議な行動に自分でも驚くことがあります

>カメラが濡れるとありました
亡き父は大工さんではありませんでしたが
営繕などはそれは得意技でした
刃物研ぎも

物を粗末に扱うな・・当たり前のことだと言っておりました
他人(ひと・をんな)
言葉(ことのは)
そして出刃包丁(たまに研ぎます)
おいらはあらゆる道具を”女性”だと思って使います
丁寧に扱うにこした事はない!
(時には乱暴に・・・?)
あはは。

URL | はしびろこう・ウナ #-
2017/05/15 23:46 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tukuyomi2017.blog.fc2.com/tb.php/23-76197e03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top