FC2ブログ

自然現象と人の因果関係  


自然現象と人の因果関係 なんて書くといかにも小難しい話題

そう感じるかもしれませんが・・・・

現在の日本の状態を考えるヒントにできるかもしれません


【災異思想(さいいしそう)】

人間の行為の善し悪しによって自然が変異や災害をもたらす

という中華思想で、これが進んで人間の行為が自然現象に

影響を与える思想(天人相関)になった


【天人相関説(てんじんそうかんせつ)】

中国の思想

自然現象(天)と人事(人の行為)に因果関係が有るとし

君主の政治の善悪が自然界の吉祥や災異を招くとする説


さてここからが本題・・・・

天人相関は中国の支配構図が起因と考えられている


簡単に言うと、古代中国の皇帝は最上位ではなく

その上に天という存在があり、皇帝は天から任命された存在という

位置づけになる

※ぶっちゃけて言うと「雇われ君主」と言える(笑)


では日本はと言うと、天皇は神の子孫であり天皇が最上位に位置していて

天皇の資質(徳)の有る無しは問題にならないという説もあり

日本は「神神相関」あるいは「天天相関」であり、正式な大嘗祭という

儀式を経れば徳など関係なく、世の中は安泰だという説すらある


私は偏屈ですから、聞いた通り観た通りで納得できる性分ではありません


1、古代中国では「どうして」自然と人事に因果関係が有ると考えたのでしょう


簡単に考えれば【格差】が激しかったのかもしれません

凶作になって民が餓死する状況でも、為政者(皇帝)は搾取し贅沢をする

凶作であっても生活の質を変えない為政者に対し、贅沢をするから

凶作が起きると考えたのかもしれません


2、自然現象は何が原因で起こると想像したのでしょう


空から落ちる「雨」は、貧窮した民の流した涙で出来ていて

轟音と光の「雷」は、絶望に打ちのめされた民の「咆哮」であり

足元を揺るがし大地を割く「地震」は、慟哭する民の絶叫であり

水害は流した涙の集まりであり、干ばつは途方に暮れた民の心情

冷害は為政者に対する冷めた気持ちの表れ

台風は貧窮する民の怨嗟の声のあつまり・・・・・

徳のある為政者ならこういう惨状にはらないのだから、徳のない為政者

だから民は困窮し嘆きその声は【天の意思によって】形を変えて

自然現象となって現れる (長屋の爺説)


そこで、日本・・・・

天皇は神の子孫と言っているのは「記紀」だけが根拠であり

天皇=神の子孫 でなければ、天人相関説は当てはまるのである

私の旧ブログの読者なら、もうお分かりだと思う・・・・


天皇が神の末裔と言うのは「持統天皇」の創作です

神功皇后神話も、推古天皇・皇極天皇女帝説も、持統女帝が

当然であることを担保するために創作されたと思っています

我が孫に皇位を継承させる正当性を得るために創作されたのが

天孫降臨神話です


万世一系はすなわち神の末裔であることの担保になっているのは

万世一系が崩れた時は神の末裔ではなくなるからに相違ありません

天皇が神でないならば、当然のごとく【徳】を有する者が即位しなければ

天変地異を抑え込むことはできません

近年の天変地異が何を意味するのかは推測の域を出ませんが

天人相関説に照らしてみると、多くの謎が解けそうな気もします

どう考えるか どう捉えるか どう感じたかは・・・

それぞれの胸の内でお願いいたします。


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2018/08/06 Mon. 23:28 [edit]

category: 私の思い

tb: 0   cm: 2

コメント

ウナさんへ

こんにちは

万世一系 という言葉には「呪」がかけられています

天皇家以外から天皇は生まれない

何人(なんぴと)たりとも天皇位を窺うことができないように

言葉の結界を張ったのでしょう

万世一系という言葉ですら、国民に「呪」をかけたものなのですから

どう考えるか、どの角度から眺めるのか・・・

偏屈爺の真骨頂かもしれませんが(笑)

URL | 長屋の爺 #-
2018/08/12 09:38 | edit

小手先

こんばんは
いつもすごいな~と思います
だって【小手】を狙いに行っている間に
【面】をしっかりと摂られておりますから・・・・

わたくしたちの間合いは逸備わったのでしょうか

小気味いいといわれますが
これは若輩者の剣先に兄者が発した言葉では・・

ことしは会うことはかないませんでしたが
【なんのこれしき】でございます

ん!
あははです


URL | ハシビロコウ・うな #-
2018/08/09 22:03 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tukuyomi2017.blog.fc2.com/tb.php/215-0c962906
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top