FC2ブログ

日本語の音と文字


あ い う え お

日本人なら誰でもがしっている平仮名の五十音

どうして 「あ」から始まって「ん」で終わっているのか不思議です


この平仮名の五十音図は,、昭和22年に作られた新しいものなのです

それまでは いろはにほへと だったと思われますが・・・


さらには戦前までは、小学校で習う文字の最初はカタカナでした

当然ながら五十音図もカタカナで書かれているのが一般的でした

もしかすると外来語を日本語表記するときの音が平仮名より

カタカナの方が理解しやすかったからかもしれません


私が常に言い続けている 音ありき の話です

* これ以降は長屋の爺の想像ですので根拠もない妄想ですので

お取り扱いは慎重に・・・・


現在「わ」行には「わ」と「を」しか残っていませんが、本来は

「ゐ」と「ゑ」が存在しました

当然ながら先人たちは「い」と「ゐ」の音の違いを発音できたと思います

私はワ行の音は wa wi wu we wo だったと想像しています

日本語で書けば ぅあ ぅい ぅう ぅえ ぅお となるでしょうか


では」「ぅう」という音を表記する文字があったのかどうか・・・・

私にも分かりませんが、かな文字が創作される以前に使われなくなった

(発音できなくなった)そういう可能性がありますけど・・・自信はありません




「倭」を中国読みにすれば 「ウェイ」 「ゥオー」となり

魏に朝貢した人間が「わ」の国から来たとは言わなかったと思っています

なにせそのころの日本には漢字など存在していなかったはずですから・・・・

「わ」 が 「ぅあ」 であったなら、倭の国は「ぅあの国」になる?

推測するに、音(言葉)を聞いてその音に近い文字を古代中国人が

独断で当てはめた

私はそう解釈しています


古代日本人 「ぅおーの国からやってきました」

魏の役人 「倭(ゥオー)という国から来たのか・・・」

そういう事かもしれませんね(笑)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

長屋の爺

Author:長屋の爺
玉は琢磨によりて器となる。
人は練磨によりて仁となる。
必ずみがくべし
すべからく練るべし。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR