FC2ブログ

運動会  


現代では「運動会」は秋の風物詩ではなくなったそうだ

春の運動会とは何とも風情の無い事に・・・・





愛知県安城市では昨年、ホームページ上に「市民の声」として

「共働きの夫婦、乳幼児のいる親、母子・父子家庭の場合、更に

負担が増える事に配慮し、弁当の必要のない午前中だけの

運動会を市内全ての小学校でお願い申し上げます」とする意見を掲載した


この声が届いたのか、午前中までの運動会は昨年度まで市内21校中2校

だったが、今年度は9校に増えた。同市教育委員会は「時間の短縮化には

賛否両論あり、親子で弁当を食べたい方も当然いるので、今後も学校が

意見集約をしていくと思います」と説明する。



毎日新聞の記事よりお借りしました





古き善き日本の伝統と文化を守る・・・・

こんな嘘を平気で使うのが日本の役所です



小中学生が全員で運動会をするのは日本独自の文化です

世界を見渡しても、学校や地域で運動会を実施している国は日本以外に

存在しないのです

伝統や文化という耳障りの好い言葉ですが、その大切な文化を壊しているのは

役所や教育現場なのではないでしょうか


私も兄姉妹、息子や娘もそうやって日本人であることを体現してきました


私が子供の頃ですから50年も前になるでしょうか・・・

その当時も炭鉱事故で父親を失った母子家庭の子供もおりましたし

家庭の事情で「弁当」を用意できない子供だって確かに居りました

そういう子どもが差別されたり、ひもじい思いをしたかと言うと

そんなことはありません


クラスの中に弁当が持ってこれない子が居れば、母親に言って

おにぎりを余分に作ってもらったり、巻きずしを持参する子供も居ました

教師の中にも弁当を二つ作って参加する女性教師もいたのです

差別しているのは子供たちではなく、その親たちなのではないでしょうか

こどもは親の言葉や態度に敏感になります

親が陰で恵まれない家庭に対する差別的発言や態度を見せれば

子供たちもそれを見習います


子供は大人の背中を見て育っていくものなのです


結局は教師が運動会の練習時間を減らして、学習時間を増やしたい

それをわかっているから教育委員会も他人事のように、「今後も学校が

意見集約していくと思います」などと責任逃れの態度なのでしょう


伝統や文化を捨てて来た大陸の国家や半島の国家を反面教師にせず

そのような国々の人間の思考に感化されていては国は滅んでしまいます

老舗や伝統技術を守ろうという意思が政府・自治体にあるのなら、教育文化も

同じように護るべきだと思うのですが‥‥。


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2018/07/04 Wed. 22:25 [edit]

category: 私の思い

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tukuyomi2017.blog.fc2.com/tb.php/201-81ce7e9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top