FC2ブログ

裏話  


理由(わけ)はきっとある

「わけあり」という文字に敏感に反応する人へ

高いのも安いのも必ずや理由(わけ)があります

安いのは安いなりの、高いのも高いなりの!


江戸っ子は「粋」で生きたといいますが

地方との区別だけが頼りだった気がします


よく聞く話に「蕎麦通(つう)」の食べ方があるそうな

蕎麦は汁をほんのすこし付けて食べるのが通の

食べ方だと言います

これを真に受けて通気取りの「似非食通」がいらっしゃる

どうしてこれが通の食べ方になったのか?

これにはある事情というか、理由があるのです


江戸初期の蕎麦汁は「味噌味」から醤油味に変わりました

つまり鰹節で出汁を取り醤油に合わせました

添加物・保存料などの無い時代、毎朝大量に作るのも問題があり

蕎麦の原価より蕎麦汁のほうが高価だったのではないでしょうか

江戸の世は蕎麦一杯が24文~32文と言いますから

現代とさほど変わらない価格だったようです

おそらくその当時も原材料の値段は相応だったと思われ

湯水のごとく消費されては儲けが薄くなるため

苦肉の策として蕎麦屋の主が「ちょっとだけつけて食べるのが粋」

「通の食べ方」だと喧伝したのだと思います(笑)


どんなことにも理由があります

頭からまるっと信じてしまわないように・・・・・

大きなお世話だ?

その通りです(笑)

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2018/07/01 Sun. 23:23 [edit]

category: 戯れ言

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tukuyomi2017.blog.fc2.com/tb.php/200-12b5aa7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top