舞鶴城  



初めて訪れた舞鶴は観光客は多かったが、穏やかで

魚と酒の肴がとても美味しい街でした


人生で初めて口にした酒の肴


フグの白子


【ふぐの白子】




食べ過ぎると「痛風」になりますよ、と言われたが

お代わりをして食べてしまいました

「お造り」や「焼きもの」、「「煮つけ」「揚げ物」など多彩で

はずれの無い魚介類が歓待してくれました

夏になると「岩ガキ」が食べられるそうな…

この店で出される「トリ貝」は肉厚で手のひらサイズとか・・・

また行きたい店で、もっと近くにあれば通いたいと思いました


マグロ以外は地元の港で上がったものばかりで

何を食べても新鮮な魚ばかり、店主のこだわりが感じられ

思いっきり食べて呑んで・・・一万円弱とはgoodな価格

いや~~~堪能しました

(店名や場所は、内緒で教えますので・・・どうぞ)



DSC_0104-22.jpg

【 田辺城(たなべじょう) 】

別名 舞鶴城(ぶかくじょう)


DSC_0108-22.jpg


【 黒鉄門 】



DSC_0105-22.jpg


この城は細川藤孝(細川幽斎)によって築城されたという

幽斎の子・忠興の妻が明智光秀の娘・玉(ガラシャ)

細川氏は三河・細川(愛知県岡崎市細川町)の出身とされる


DSC_0107-22.jpg



DSC_0109-22.jpg




関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/05/09 Tue. 23:32 [edit]

category: 旅の記録

tb: 0   cm: 2

コメント

名無しのNちゃんへ

こんばんは

白子はどれも大好きですが、フグの白子の焼きは

初めてで、酒の肴にもってこいですね

グラタンと言われても信じてしまうくらい「クリーミー」でした

URL | 長屋の爺 #-
2017/05/11 22:42 | edit

おはようございます

何だか連日お邪魔します(≧∇≦)

大阪からだと 美味しい魚と温泉
鳥取〜福井の日本海側
なぜか日本海側の魚と思い込んでると言うか
車で行くには自動車道便利だし
夏はアワビに舟盛り海水浴、
冬は蟹に寒ブリに温泉
道中、お蕎麦も美味しいし楽しいです。

名の知れた旅館はビックリするほど
高いんですが
料理にこだわった小さな宿は
1万台で鯛や平目の舞い踊り〜
私達、魚オンチでも
美味しい物はピピッと感じちゃいます。
シアワセ〜

白子、初体験やったんですか?
私は白子類、脳みそみたいなのが
見た目ダメで(´;ω;`) 食べないんですが
大阪人、チョット小遣い入ったら
てっちり、てっちりと 家族でも
友達とでも 河豚食べに連れ立ちます。

この冬はお父ちゃんの友達の店へ
もう誘ってくれなくていいよ
ポン酢が美味しいと思ってるだけの
有り難みのない娘やのに
度々連れて行ってもらいました。

河豚屋の多いこの辺りでも
なかなか、いいお値します(≧∇≦)
安くて7〜8千
コースになるといいお店3〜5万します
量の少ない白子なんか
遠慮のかたまりで 皆んな手を出しにくく
私が食べないからあげる と言うと
友達オバさんは目が輝きます(笑)
次の日はコラーゲンのおかげで
周りのオバさん
お肌ツルツルです(^o^)

これだけ出すなら
お肉のいいのが食べたい!と
思ってたんですが
だんだん、お魚が美味しいなぁと
思うオバハンになってきました。

爺様とデートする事があったら
てっちりつつきましょ
白子あげます(≧∇≦)

Nちゃん

URL |  #-
2017/05/10 05:41 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tukuyomi2017.blog.fc2.com/tb.php/20-e8ead1eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top