歴史の嘘と誤解  

常識のウソと創られた歴史

香水と言えばヨーロッパ、とりわけフランスが先進だという

どうしてフランスが香水先進国だったのか?

どうしてフランスがファッション先進国だったのか?

先進的な美的感覚があったからでもなく

それには理由(わけ)があるという・・・


フランスでは日本と違い「風呂」に入る習慣が無かったため

体臭を「ごまかす」ために必要であり、そのため香水の需要が増え

発展したとされる

日本の時代で言うと戦国時代~江戸時代にあたるのだが

その頃の江戸では銭湯(湯屋)が多くあり、清潔な町民も多かった

何より「便所」がきちんと整備され、糞尿は農民が肥料として買い集め

道端に人糞が転がっていることも少なかった(笑)

ところが、一説によると当時のフランスでは上水道・下水道事情が

悪く、飲み水が不足していたうえに、二階の窓から糞尿を捨てていたという

町中の通りの真ん中に排水路があり「酷い臭い」で充満していたという

パリのファッションや香水の発展は、汚物と匂いによる【副産物】だった?

必要は発明の母 とはよく言ったものである



柔道・剣道という名称は明治時代に【江戸時代を否定】する意図で

名付けられました

それまで 柔術(じゅうじゅつ)、剣術(けんじゅつ)だったものを、精神的道徳性

を強調するために「道」にすり替えられたのです

とにかく、明治新政府の江戸叩き・江戸否定は尋常ではなく

良い悪いなど関係なく 江戸=悪 という基本姿勢で貫かれてきたのです


女性の丁寧な「あいさつ」とされる【三つ指をつく】お辞儀などは顕著で

三つ指をついて辞儀をするのは、吉原の遊女が髪を結い簪(かんざし)で

飾り立てているため、頭を下げられないために簡略化した辞儀として

始めたものであり、正しい辞儀の作法などではない


ちなみに武家の妻女は座って襖(ふすま)を開けたりはせず

立ったまま胸の懐剣(かいけん)に手を添えて足で開けたとされる

いついかなる時も「危機管理」を徹底していたという事か・・・

奥様とよばれるくらいである、むやみに玄関口に出てきたり

客人に顔を見せることも少なかったようだ

襖に手を添えて開け閉めするのは町人の妻女の仕草なのである


江戸の町人とよく聞くが江戸には一握りの町人しかいなかった

そんなことは無いだろう、百万都市の半数以上は町人だろう?

ところが常識のウソは此処にもある

正式な江戸の町人と言うのは、町年寄~町名主の事を指す

町年寄は別名【町役人】とも呼ばれ、武家と町民の間に立って

江戸の行政を仕切っていた

町年寄は三家、「奈良屋」「樽屋」「喜多村家」だけである

町名主は江戸土着の豪族が任命された

町名主の中には今の金額にすると6000万くらいの役料をもらっていた

名主もいたというから大身旗本並みだったことになる

町名主は268名いたという

これらの270余名が正式な江戸町人ということになる

では 一般の民は「町人」でなければ何なのか?

それは・・・江戸の住人と言う事になるのではないか

町人でないわけだから「租税」いわゆる税金も払わなくてよかったのである

【町】と書いて、まち・ちょうと呼び分けているが、本来はきちんと決まりが

あったそうだ・・・・

武家地は*町とかいて「まち」と呼び、商人や・職人が暮らすところは

**町と書いて「ちょう」と呼んでいた

いつしかその区別がなくなって、江戸は「まち」やら「ちょう」が混在してしまった




江戸時代と日当(日給)が変わっていないのが【大工】らしい

一日は弁当代込みで「銀五匁四分(ごもんめよんぶ)」

現在の価値で2万円程度で今の時代、表向きには2万4千円

程度なので (ただし実際はその6割程度ともいうが)それほど

変わっていないことになる


北関東に被差別地域が多いというのだが・・・

この地方の差別(部落問題)の一因が江戸時代初期の北関東開拓

に関係しているかもしれない

キリシタンが西国(西日本)から追放され、徳川家康江戸開闢の後

利根川整備開墾に動員され、同じ場所に集められて今に至っている

その後、仏教徒たちから異端視されたことをきっかけに差別されてきた

ことも考えられる

粉屋のお嬢様も元キリシタン家系で、被差別家系とするなら、大きな

歴史の「あや」を感じてしまうのである


明治政府の江戸否定による「言葉替え」(言葉狩りと言ったほうが良いか?)

は私たちの江戸時代の常識を形成しているといえる

江戸時代の治世より明治新政府の治世の方が優れている

この基本理念を国民に植え付けようとし歴史を操作したのである

 藩(はん)という呼び方は新井白石が遺した【藩翰譜(はんかんふ)】が初出で

1703年以降なら間違いとは言えないが、一般的に口にされるようになるのは

明治維新以降なのである

* 幕府直轄領(御料)を「天領(てんりょう)」と言い換えた

* 大名領を藩(はん)と言い換えた

* 家臣・家来を「藩士」と言い換えた

* 学問所を「藩校」と言い換えた

* 大名は国主・領主が一般的だったが「藩主」と言い換えた

* 階級制度ではなかった士農工商という職種概念を

身分制度としてあった如く、姑息な工作までした


戦国時代・鎌倉時代・平安時代という呼び方も明治20年以降に

確立された歴史用語であり、それ以前にはそんな呼称は存在していなかった


江戸時代に書かれた古文書にそのような言葉が書いてあれば

明治以降に書かれた偽物である
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/03/30 Thu. 23:59 [edit]

category: 歴史

tb: 0   cm: 2

コメント

Nちゃんへ

こんばんは

残念ながら今度の住まいには「畑」がありません(泣)

居住空間も住環境も「余裕」という言葉がどこを探しても見つかりません

自然の中に暮らしたかったのですが、ペットが飼える物件が少なく

「仮暮らしの爺」に贅沢は言えませんでした(笑)


いまだにスーパーに買い物に行っていません

仕事以外は引きこもっており、引っ越し荷物も片付いてない状態です

どうなることやら・・・

文字で書いているほど元気ではないかもしれません(笑)

URL | 長屋の爺 #-
2017/03/31 21:34 | edit

爺様 

ご無沙汰しております
時々覗いては どうしてらっしゃるのか?
引っ越しで 一人寂しくしてはるんじゃないかと勝手に想像してました。
オバカな私にも時々訪ねてくださって
毎度呆れかえる事ばっかりでしょう・・・・
ま、そう言わず、こんなバカップル
バカじゃないの〜? と 
お暇なら来てよね〜♬ 私寂しいの〜ぉ♪

再開してくださって また歴史の勉強になります。
研究熱心、落ち着いた物の捉え方
ハーリーには決してない 武士を感じます。

以前居た会社の本社にハーリーの娘が入社してきた当時は
何かあると『パパに言う』とやりにくい娘さんだったそうです。

人に陰口言われるようにはなりたくないなぁと思う
八方美人なオバカでした。

今、肥料をやりながら
スナップエンドウが次々できてきてて
来週くらい。収穫祭します。
近所だったら、持って行ってあげるのにぃ
その代わり塩ゆで でっせ・・・・(笑)

これからも楽しみにしてますね!


URL | ワッ・タ・シ熟女N〜 #-
2017/03/31 00:51 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tukuyomi2017.blog.fc2.com/tb.php/2-735da788
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top