FC2ブログ

嘘つきの言い分




新幹線という閉ざされた空間で弱い人間に向かって

刃を向けた愚か者


「この世にいたって無駄だ」

そう言いながら、自分自身で処理できなかったクズ野郎で

言っている事とやってることが明らかに違うカス人間だ・・・


このクズ野郎が世の中の無駄かどうかは別にして、無辜の市民を

殺傷することと、どういう因果関係が有るというのか・・・・


「誰でも良かった」

こう釈明する人間は「根性無し」であり、弱い人間にだけ向かって行く

誰でも良かったのなら「山口組」の玄関から突入して暴れるべきであり

自衛隊や警視庁の正面玄関から突入して事を成すべきだろう


誰でも良かったという嘘に、抑えきれない腹立たしさを覚える


こんなクズ野郎でも人権派弁護士先生は「心神耗弱」を振りかざし

減刑や無罪に持ち込もうと画策する

見知らぬ他人を理不尽にも殺傷する人間が「正常」なわけがない

いや、人を殺そうと思う人間、人を殺してまで欲望を満たそうとする人間を

人間の精神の物差しで測るべきではない

人を殺す時、正常な神経で行動できる人間は異常者であり

精神状態を言い出せば、殺人犯総てが精神に異常をきたしていたはずだ


最近は一人殺すと無期ではなく、30年という有期刑になってきている

裁判官がこの日本を滅ぼす日は、そんなに遠くないかもしれない・・・


被害者や遺族の無念は如何ばかりであろう

ご冥福を祈らずにはいられない・・・・。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

長屋の爺

Author:長屋の爺
玉は琢磨によりて器となる。
人は練磨によりて仁となる。
必ずみがくべし
すべからく練るべし。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR