FC2ブログ

名も無きものにあこがれて


私はおそらく人格者とは対極にあるクソ爺である

人格者にも偉人にもなれない、なりたくない人間だ

当然、勝者になどならなくてよいと思って生きて来た

勝てない人間は負けることを恐れない

勝つことを義務とも感じない

結果なんてどっちでもいい・・・・


私は勝利至上主義が反吐が出るくらい嫌いである

最近の児童たちに運動会の順位を付けないことが有ると聞く

その反面、成績は露骨に順位・格付けする

若者は歳を重ねるたびにスポーツは楽しむものではなく

勝つために行うものという洗脳教育を意図的に受けている

強い=偉い とおもっている子供たちは多い事だろう

強いの基準が歪んできている気がするのは私だけかもしれない


強い者だけが勝つのではない

勝ったものが強いのであり、勝った者だけが称賛される社会

どんな手段でも勝った者は評価される


土下座しても、涙を流しても、妻や子供を利用しても

選挙にさえ勝てば「先生」と呼ばれ、傲岸不遜な態度も当然になる

そんな人間が日本と言う国を動かしている


負けたら「ただの人」

勝てば官軍とはよく言ったものである(笑)


歴史も裏を返せば 勝者が積み上げた 勝者の歴史である

しかし、勝った人間ばかりで社会が構成されているわけでもなく

負けた人間の上に勝者が君臨しているのが現実社会である


偉人と呼ばれる人や天才・秀才と呼ばれる人が何人居ようとも

社会は平凡で負けてばかりの人間たちで動いているのである



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

長屋の爺

Author:長屋の爺
玉は琢磨によりて器となる。
人は練磨によりて仁となる。
必ずみがくべし
すべからく練るべし。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR