FC2ブログ

結果を引き起こすのは  


山に登らなきゃ 遭難はしない

海やプールに入らなきゃ 溺れることは無い


原因が存在するゆえに結果が存在する

「因果の法則」というやつですが・・・・


それを口にしたら バッシングの嵐が吹き荒れた?

どの角度から観るか・・・ただその違いだけなのに


ずいぶん昔の話ですが、私が未だ札幌に住んでいた時代

営業で札幌市郊外の住宅街を走行していた時に起きた事

住宅街の中にある公園の傍を通った

前方左側歩道に3人の女性とその周りに保育園児くらいの子供が数人

なんとなく嫌な予感がしたので速度を落として行き過ぎようとした・・・

そのとき、一人の子供が車道に飛び出してきた

咄嗟にハンドルを切りブレーキを踏み、サイドブレーキを引いた

間一髪、自己は回避できた・・・

次の瞬間

母親と思しき女性が車の前で呆然と立つ子供を抱きしめて

「すいません すいませんでした」

「申し訳ありません ごめんなさい」

ありとあらゆる謝罪の言葉を口にし、頭を下げる女性・・・

わたしはそのまま発進しようとしたが、思いとどまり

車を出てその女性の前に立ち、ある質問をしてみた


「今回は運よく事故は防げましたけど」

「一つ聞いてもいいですか?」

キョトンとする女性にこう問いかけた・・

「幸いにもお子さんを轢かずにすんだのですが、もし轢いていたら」

「おなじように ごめんなさい 申し訳ありません すいません」

「そういう言葉をわたしに言ってくれるんですか?」

「貴方が子供から眼を放さずに、手をつないでいたら事故など起こりません」

「結果で考えずに原因を最初に考えてください」


その女性は納得できない表情で黙っていました

これが人間の本質です

どう考えるかは人それぞれですが・・・・。





関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2018/05/03 Thu. 10:26 [edit]

category: 私の思い

tb: 0   cm: 2

コメント

路傍の石さんへ

こんにちは

花はそっと咲き・・ほど政治・社会に深く切り込みません

ペットや生活、身の回りの出来事、歴史などについて

独断と偏見の言いたい放題のブログです


宗教や政治思考、老若男女問わずですが

一つ、二つ譲れないルールがあります


コメント時に「あいさつ」が必須ですので

掲示板のようになりたくない「爺の拘り」とお考えください

他人の家を訪問していきなりドアを開ける人は居ません

チャイムを押すなりノックをするのが常識と考えています

神社の鳥居をくぐるときに一礼することと同じという事で・・・


長文の自論はコメントとして受け付けておりません

あくまでも「短文コメント」の範疇でお願いしております

ブログ内容に関係が薄い事柄、個人的な話は「鍵コメ」にて

受けております

面倒くさい爺のブログですのでご理解を・・・。

URL | 長屋の爺 #-
2018/05/10 09:18 | edit

月明かりの散歩道

月明かりの下で神よ眠れ、
長屋さん「花はそっと咲き 静かに散れ」では大変お世話に為りました。

そうでしたね、私が最も好んで犬を連れて散歩する「月明かりの散歩道」
心安らぐ場所が在ったのですね。

よかった !  これがいつわざる私の気持ちです、
再びの出会いに感謝しています、今後ともよろしくお願い申し上げます。



URL | 路傍の石 #-
2018/05/07 12:40 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tukuyomi2017.blog.fc2.com/tb.php/159-4d0b333f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top