FC2ブログ

おひさしぶりです  


気温も気持ちも寒い日が続いています

心身の寒さを和らげるために酒量が増しているのが現実です

ボンヤリしていると悪しきことばかり考えるので、家じゅうの

掃除をして過ごしています

キッチンもトイレもピッカピッカになりました・・・・

できるだけ手間のかかる調理をして食事をしています

当然ながら洗い物が増えますが、我が家は「食洗器」なので

コップや鍋釜、フライパン、グリルなどを手洗いで磨いています

知らない人が見れば「異常な光景」かもしれません



人は「思い込み」で暮す生き物です

あるのかどうかわからないモノを、有ると信じ切って暮らしています

それを疑わないことが怖いと私は感じています

人は「前提」を基に自己流の解釈をする傾向にあります


今上天皇が半島人を同胞のように言及したのも「洗脳」と決めつけ

その言動があたかも誰かの作為によってなされたと勝手な解釈をしています

本当にそうでしょうか?

私は「当然」の事だったと思っています

宮中祭祀は「一子相伝」の秘事だと思われています

そういうのだから・・・そうなんでしょう(笑)

一子相伝とは【口伝】でもあります

書いたものは一子相伝にはなりません

誰でも見られるものは「一子相伝」にはなり得ないからです


もし・・天皇家に「口伝」が存在していたら、我々が知らされていない

皇室の過去が存在していても不思議ではないでしょう

私は巷間で口にされている事よりもっと予想外の事実が天皇家に

存在していると思っています



冷静になぜ? を自問すれば、多くの選択肢が見えてきます

全ての物事には必ずといって良いほど【理由】があり、事実は

我々ヒトデナシには想像もできないことが多くあります


都合の好い理由を見つけて納得すれば、それでおしまいですが

私は想像の根底にあるのは「知」と「行」だと考えています

知らない事を基に想像することは困難であり、経験の無い事を

基にした理論を延ばし拡げる事はできないと思っています


あると思っていたことが無かった・・・

別に男女の愛情の話ではありません(笑)

本当に日本に神話というモノがあったのでしょうか?

なぜ日本の都を「江戸」に移したのでしょうか?

なぜ日本人は明治政府を美化するのでしょうか?

どうして明治天皇だけが神さまに祀られたのでしょうか?

どうして・・・という発想が受け入れられない近代の風土は

誰が望んだことでしょうか?


なぜ徳川幕府は朝鮮通信使を受け入れたのでしょうか?

日本にとって「得る」ものなど無い半島の使節を歓迎した理由とは

教科書に書いてあるから事実ではありません

歴史とはその時・その場所に【立ち会う】ことからしか真実は見えません

私は教科書に書いてあることの多くが、「風が吹けば桶屋が儲かる」という

話に似ていると感じています

一つのピースが間違いだったり、虚実であったならすべての方程式が

瓦解するような・・・・

我々が知っている事実とはそういう「脆い」ものだと思います

この世には、あまりにも多くの「不都合」が存在します

不都合が解ればすべてが解るかもしれません

不都合とは立場によって異なります

この世とは平安時代では「宮中の内」であり、今の時代では

経済的勝者と権力者の世界の事なのです


豆まきの「鬼は外」の【外】とは、宮中の外という意味でしかありません

鬼は角を生やし赤や青い体では無いのです

殿上人以外の「ヒトデナシ」のことを鬼と呼んだのですから

門松が縁起が良いのなら、どうして皇室では飾らないのでしょう?

なぜ?という意識・・・私が異常なのかもしれませんけどね。


かなり酒を呑んでの更新です、支離滅裂な駄文はご容赦を!

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2018/02/05 Mon. 23:56 [edit]

category: 私の思い

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tukuyomi2017.blog.fc2.com/tb.php/132-e043fedc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top