FC2ブログ

祭祀王の虚像  


困った事に冬休みに入って酒量が増えてしまっている

正月の準備の合間に読書に現を抜かし、惰眠をむさぼり

酒を呑む日々を過ごしている

お気楽な長屋の爺です(笑)


私は最近皇室問題にも興味がなく、相撲にも愛想を尽かし

低俗な芸能ニュースにも辟易し、ニュース自体を観なくなった


しかし、考えてみれば私を含めて人間というのは摩訶不思議な

生き物である

皇室問題で尿漏れ春宮やおさぼり雅子を批判したと思ったら

今度は天皇皇后を味噌屎に蹴無し、皇室批判なのかと思えば

秋篠家に夢を託していたり・・・

背乗りだの出自がどうだと言いながら、在日や半島人を批判する一方で、

宝塚だジャニーズだ吉本だと、お気楽さ全開である

詳しい事は書かないですが、不思議なところで分け隔てしている

私にはそう思えますが・・・


さて、日本の天皇を祭祀王だと、未だに思っている人は多い

どう思うかは個人の自由ですから、多くは語りませんけど

私が天皇が祭祀王ではないと思う理由だけを書いておきます


祭祀王と言いながらいったいどんな神を祀っているのでしょう

日本の神様の大元は天皇家の祖・アマテラスであることは誰でも承知です

ところが天皇家がアマテラスを祀っていたという事実が見当たりません

本来は神宮(伊勢神宮)が皇祖を祀っているのなら、即位の儀や大嘗祭など

神宮で執り行うのが常識ではないでしょうか?

大嘗祭とは天皇が即位した後、実った稲を皇祖神に備え、天皇みずからも食す

一世一代の祭儀である

そんな大事な祭儀を皇祖神が眠る伊勢で執り行わない事こそ異常なのではないか?


明治2年3月12日に明治天皇が親拝するまで、誰一人も伊勢の地を踏んでいません

熊野や高野山に足を運べても、伊勢には足を向けられない理由があったのでしょうか


日本書紀をバイブルとしている学者・研究者の多くは、日本書紀に

天皇家が天照大御神を祀ったという記述が無い事をどう考えているのか

通説通り 垂仁天皇の頃に伊勢神宮が建っていたとするなら、二千数百年ぶりに

伊勢に足を踏み入れたのは、どういう理由からなのか?

どうして古事記や日本書紀などに伊勢を祀った記述が無いのか?

道鏡事件の時、どうして伊勢神宮ではなく宇佐八幡に託したのか?


是の神風の伊勢国は、常世の浪の重浪帰する国なり

傍国の可怜し国なり この国に居らむと欲ふ


このかむかぜのいせくには、とこよのなみのしきなみよするくになり

かたくにのうましくになり このくににおらむとおもふ


日本書紀によれば、百姓が流離(りゅうり)・背叛(はいはん)したので

宮殿内に祭っていたアマテラスとオオクニヌシを遷座したと記している

常世 とは「あの世」のことであり、此岸(しがん)が現世であり常世は

彼岸(ひがん)なのである

ヤマトから遠く離れたヤマト朝廷の勢力圏の端でありあの世との境が

伊勢の地だった

皇祖神を辺境の地に追いやって、どこが祖神を祀るなのか・・

祖先が眠る地に足を向けない者が祭祀王であるはずがない


そもそも伊勢神宮とか神宮と呼んだのは天武・持統天皇の時代からだ

その事実は不都合なモノとして、一般庶民には知らせていないが

天皇家には虚偽の事実が当然のように常識化している


天皇の祭祀は「都市伝説」のように巷に漏れ伝わるだけで

ヒトデナシには窺い知ることはできないのである

本当に祭祀を執り行っているのであれば、鑑賞だと外出など負担になる

祭祀・公務が負担と言いながら、外出は負担でない矛盾

祭祀をきちんと務めていない証ではないだろうか

国民から尊崇されぬ存在となった天皇には、それなりの理由があり

その事実を容認しているのが日本の政治という現実なのである


2017年という年が、日本の国民の一部分ではあるが、天皇という存在に

何かしらの疑問と落胆と怒りを感じた年であったと思う

私は皇室廃止論者でもないし、皇室擁護論者でも無い

ただ・・おかしい事はおかしいと、素直に感じるだけである


グラス片手の記事ですので、誤字脱字、表現の間違いはご容赦願います。




関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/12/29 Fri. 23:09 [edit]

category: 歴史

tb: 0   cm: 4

コメント

ウナさんへ

こんばんは

酔わないうち、今年の内に返事を書きます(笑)


まるくとも 一つ角あれ 人心 

あまりまろきは ころびやすきぞ


人間 丸く生きていると つまらぬことで転びます

時には熱く 時には頑固に 生きようではありませんか

大きな欠点の無い事は人生最大の欠点

私は死んでも治らない「やまい」を持っていますから

頑固さは齢を追うごとにきつくなりました(笑)

明年も変わらぬお付き合いを願います

東の空の下に幸あらんことを・・・。

URL | 長屋の爺 #-
2017/12/31 19:25 | edit

わたくしというまぼろし

兄者に於かれましては
健やかな新年をお迎えください
おいらは
忙しい一年となりそうです
兄者に頂いた
『御身我が身』の精神を実現いたします
来年も拙ブログを宜しくお願い申し上げます
兄者にとって
明るい新年でありますように・・・・。

URL | 綴・ウナ #-
2017/12/31 17:39 | edit

Nちゃんへ

こんにちは

神罰が有るかどうかは解りませんが

ある説によれば、日本の神さまは願いをかなえてくれたり

バツを与えることは無いそうです


私は勝手に次のように考えています・・・

神さまとは神社にだけいるのではない

身の回りにも居るし、自分自身の心の中にいる

人間とは不思議で身勝手なもので、神さまに「願(がん)」

をかけ、良い結果になれば感謝し、悪い結果だと神さまの

責任にします

日本の神様とは乞い・願うものではないと思っています

自分の周りの「ヒト・モノ」によって 生かされているという認識 

そのヒト(人、他人)とモノ(お金、食べ物、生活)に感謝する事

が神さまに感謝する事だと思っています


本当に神さまが願いを叶えてくれて、自分に好意的なら

不幸な人はこの世から消えてしまいます

願うのも自由、信じるのも自由、それが神さまの寛容さかもしれません


Nちゃんにとって、来る年が佳い年でありますよう

今年もあと少し、御身大切に・・・病院行ってねw

URL | 長屋の爺 #-
2017/12/31 14:03 | edit

グラス3杯目のコメ荒し 

酒屋店員さんに反応したばっかりに 
宮崎の無濾過を買ってしまい・・・
最近毎夜呑んで寝たい〜と思うようになり(笑)
今もその宮崎の芋『白く』呑んでます
芋を美味しいと思うようになった自分にビックリです(笑)
私は歴史も詳しくないし、
信心もまんまんちゃんあんだけできたので
世のブログ見始めて次々の新しい情報を
ずずずいーっと思い込んでましたが
騒いでる方々、世間、報道
よく考えると全て『人間の欲』で動いてるなのかな?と
出来損ないの自分が言える立場でもなく
よくわかりません・・・
でも天皇なんて人間の存在を祭り上げた時から
もうそれは悪徳の栄えなんじゃ?と・・・
本当に自然や人の心や悲しみ
周囲の人達の性善に感謝すると
おのずと頭下げたく手も合わせたくなります。
それが信心じゃぁないのかなぁ
神さんにバチ当たる、見てはる
神さんに感謝して参る、祀る・・・
お金もらって祭り上げられてる上の方の人
お金もらってそれを支援してる人、金でブログまで書く人
それに賛同して嘘までついて人を騙す人
それこそ神さんのバチが当たりまっせ!
誤字脱字、表現の間違いはご容赦願い候
あほのNちゃんでした

URL | ワ・タ・シ熟女N #-
2017/12/30 23:56 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tukuyomi2017.blog.fc2.com/tb.php/118-5103e1fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top