FC2ブログ

天が腐ると地までも腐る  


天人相関 と言えば聞こえは良いが・・・・

上が腐って腐臭を放てば、地が蠢き(鳴動し)祀られた祟り神が

いよいよ動き出す

この日本を阿鼻叫喚の地獄にするのは、天から降臨した一族という

彼等の所業が「災いの釜の蓋」を開け放つことになった・・・・


本質を見失ったものには、何の価値も見いだせない


例えば日本の大企業が「ごまかし」「捏造」をして、コツコツと築いてきた

大きな信用を一瞬で失ったり

沈黙は金とばかりに、見当違いな「大人の対応」をして日本人の誇りを

次々と失ったり


犯罪を防止し取り締まる警察関係者がとんでもない犯罪に手を染めたり

被害者の無念を代弁する検察官が自分のプライドだけで起訴・求刑を

判断したり

公正公平であるべき「法の番人」が、命の重さすら理解していないお粗末さだったり

明日の日本を支える児童生徒に対し、猥褻な事件ばかり起こす教職員

神に仕える神職が神をも恐れぬ愚行を常態化させている事など・・・・




ごった煮で「無国籍料理」のようになっている現代の神社世界は

結局は上から下まで「利己」だけで流れる体質であることは明白だ・・・

神職や僧職に就いている者が豪勢な生活をしたり、道徳的に許されない事を

平気な顔をして行っていることが実に多い

清廉さも真面目さも何処を切っても見当たらないという話はよく耳にする


いつからこの日本は正直者が「馬鹿を見る」社会になったのだろう?



先日の富岡八幡の宮司殺害事件の被害者のブログにも現実が書かれている

* 参考までに富岡宮司のブログの内容をを掲載してみます



 世の中間違ってやしませんか?

私はここ数日、機嫌が良くありません。何故ならば、忘年会シーズンに突入して、

お酒の席に出なくてはならないからです。

私は普段は家で一滴もお酒を飲まないのですが、宴席では多少飲むこともあります。

毎日朝早いので、最近はノンアルコールビールが多いのですが……

特に嫌なのが神職の集まる飲み会で、一部の神社の神主には、セクハラ、パワハラ、

ネグレクト、嫌がらせ……が当たり前のように、横行しているのです。

その事が、私が神職の飲み会に参加しなくなった要因の一つなのですが、

それらの行為もそうですが、それを周りの人間は止めるどころか、増長させる事を

言っていることすら理解出来ないくらい、モラルがない人が多いのです

先般もある神社の神主が、私を呼び捨てにして、体を触り、手まで握り、

腰に手を当てたので、私はハッキリ拒絶して、「いい加減にして下さい。」と言ったら、

○○さんが、「まあ、まあ、○○○○さんは、宮司さんと親戚のようなもので、

可愛くて仕方ないんですよ」と言い、それを聞いた○○さんが、「さすが○○さんは

上手い事をおっしゃる。」と褒め称えました。

○○さんと○○さんは同級生で同じ年だから、同じような価値観を持っているのだと思いますが、

私は嫌なものは嫌なんです

それっておかしくありませんか?

間違っていませんか?

勿論親戚でもないし、親しくもないし、可愛くて仕方ないって理由を付けて、

相手を増長させる言葉で、暗に、私に我慢しろと言っていることすら理解していないのです。

そんなのおかしくありませんか?

何で私に我慢を強いる事が出来るのでしょうか?

皆さんだって、嫌じゃありませんか?

他人から「お前」呼ばわりされて、体を触られるの、楽しい訳ないですよね?

自分の奥さんや娘さんが、そんな事をされたら、普通は止めませんか?

それをキチンと止められない「仲間」と言う綺麗事に括ろうとする、勇気のない

人間が神職だなんて、嫌だと思いませんか?

深川の人達は普通の街の人達ですけど、万が一、そういう事があればキチンと注意してくれます。

「失礼だろう」と……。

さすがに江戸っ子ですね 黙って黙認して、増長させる言葉を吐く、神主と呼ばれる人達は、

自分だけが可愛い、ズルくて卑怯で弱虫な人種なのです

ムーンがお仕置きするのも時間の問題ですね 次回同じ事があったら、実名公表します



関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/12/13 Wed. 21:09 [edit]

category: 私の思い

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tukuyomi2017.blog.fc2.com/tb.php/111-0bdd8033
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top