藤原氏の出自 2  


新益京を造営したのは持統天皇であり、その京を捨てたのは元明天皇です

平城京遷都の勅を出したのは元明天皇の皇子・文武天皇が崩御した翌年

遷都と文武天皇の崩御に因果関係がありそうだ・・・


天孫降臨神話を創作してまで孫の文武天皇に譲位した持統天皇が崩御して

その5年後に25歳の若さで亡くなった文武天皇・・・・

その死後、慌てて平城京を造営した理由とは・・・

「けがれ思想」だけでは説明できない、何かがあった可能性もある


私は天皇が「即位の儀」を執り行わず、実権を握り「政治」を行うことに

疑義を感じている

いわゆる【称制(しょうせい)】と呼ばれるものだが・・・

選挙制度など無い時代であっても、支持するものが多ければ即位することに

大きな障壁はないはず・・・

即位出来ない理由の多くは、継承権が無い、若しくは無いに等しい場合である


私の「妄想」であるが、持統天皇に「次期天皇継承権」が存在したかどうかより

女性天皇と言う制度自体が存在していなかった可能性があるのだ

日本書紀の記述から、推古・皇極(斉明)天皇という女帝が居たとされる

しかしその記述を残したのは持統天皇の時代である

それまでの「国書」に相当するものは「遺されていない」

であるならば、存在自体無かった可能性も否定できないのだと・・・


もう一つは、持統天皇が天智天皇の娘などでは無かった可能性だ

天皇の娘ではなかったなら、皇位継承権など有る訳が無い・・・

日本版・易姓革命の可能性も否定できない事になる

あくまでも私の妄想ですが・・・


天皇皇后が「仲睦まじかった」とされることに違和感を感じる長屋の爺

とくに「表面に出てくる」 強い皇后、優れた皇后、慈愛に満ちた皇后という

歯の浮くような美辞麗句で語られる「過去の皇后」の伝承は信じられない

強く優秀な女性なればこそ、夫である天皇が保持していた権力に「固執」

するのではないだろうか・・・・

たとえ、自身に皇位継承権が無くとも・・・・

そのような「権力欲」の強かった持統天皇が造営させた「新益京」を

わずか数年で捨ててしまったのには理由があるはずだ

平城京より平安京よりも大きな都城を捨てるには相応の理由があるはずだが

日本書紀は「黙して語らない」

日本書紀が日本の歴史「皇統史」の真実を書き残したとするならば、これほど

不可解な話は無い

わたしが日本書紀をバイブル・物差しにする専門家に不満を感じる大きな

要因なのである

肝心な疑問点は「棚の上にあげておいて」、日本書紀に書いてあるから「真実」では

誰も納得しないのではないだろうか・・・

私は文武天皇がどうして25歳の若さで死んだのか?

そのことが大きなヒントになるのではないかと思っている

本当にこの時代ヤマトが一つになっていたとは思えない・・・

戦乱と呼ぶには少し違う気がするが、何か反目するような

小さな内乱・騒動が起きていた可能性もある



余談だが、天武天皇に負け自害したとされる天智天皇の後継者・大友皇子

山前(やまさき)で自害したとされているが、その場所も埋葬された場所も

正確には特定されていない

首を斬られて天武天皇の前に差し出されたことになっている

ところが日本各地に「大友皇子」の逃避伝承が遺されている

身代わりに後を託し、蘇我赤兄・蘇我大飯らに守られて愛知県、千葉県

に逃れたというのである



たしかに愛知県三河地方にも大友皇子が隠れ住んだ「館跡」とされる

伝承石碑が遺されていて、近くには神社も建っている

【大友天神社】

(由緒) 壬申の乱の後、従者・長谷部信次などとこの地に流遇し草案を結ぶ

信次は皇子のために一祠を創建奉納し之を【天神宮】と称す

その所在地を「大友」、部落を「長瀬」と呼ぶ

(近隣の「小針1号古墳」は大友皇子の墓だと言う伝承もある)


大友皇子(天智天皇嫡子)も文武天皇(元明天皇皇子)も偶然に

25歳の若さでこの世を去ったことになっている

元明天皇が新益京を捨てた理由もその辺りにあるのかもしれない

文武天皇がどういう「死」を迎えたかで歴史の見方が大きく変わると

私は考えている。

Posted on 2017/07/07 Fri. 22:46 [edit]

category: 歴史

tb: 0   cm: 0

ネットと爺の私生活  


私は「ネット通販」を頻繁に利用している

時代とは言いながら利用するには、ある程度の覚悟

をしなくてはならないのが原則である


しかし、私は近くのスーパーに月2~3回、ホームセンターに

月4回程度足を運ぶのだが、それで独り暮らしのすべてを

揃えるのは少々無理がある

当然重いモノ、かさばるモノ、近所で売って無いモノ

そういうものを中心に「ネット注文」することにしている

例えば「書籍」などは私が欲しいものは、最近の書店の取扱数では

取り寄せするしか手に入らないことが多い

その結果、Amazonや楽天で購入することになる


基本的には日本のメーカーの誰もが知っているような

ありきたりの商品が主体だが・・・時には、目についたものを

「衝動買い」することもある


最大のデメリットは「売り手の顔」「商品現物」が見えないことである

「画像などを見て注文してないの?」

そう思う人も多いだろうが・・・そんなの「あて」にはならないのである

もう一つは「**製」という表示がされていない事

さらに、何処の国の業者なのか、何処の国から発送されるのかも不明なのである

商品を頼んだのに(前払い)、待てど暮らせど届かないことが何度もあった

返金保障してもらったから実質的な被害は無かったのだが・・・


特に酷いのが中国製&中国からの郵送商品だ

なかなか日本では見かけないユニークな品を見つけ、注文したのはいいが

待てど暮らせど・・・そのうち注文したことすら忘れてしまって(笑)

ある日突然、外国郵便が届いて開封したら「そのような商品」が・・・

出品画像とは似ても似つかぬ「ガラクタ」が登場したときの感動は(笑)


中国発送の商品の最大の特徴は「完璧な粗悪品」の多さと、「異臭」を

放つ迷惑商品、ただし・・・値段は驚くほど安価なのも事実だ


自動車のDIY部品を注文したときは、配線の「ハンダ」が接続してはいけない

箇所にハンダ付けされていて、線を繫いだら「白煙」を生じて溶けてしまった

別の部品の時は開封したら、バラバラになった商品が・・・

組み立て途中だったのか? 面倒になって梱包してしまったのか?

当然ながら、私は「ノークレーム」でゴミ箱に放り込んだ

「中国製品」と分かっているのに注文してクレームをつけること自体

無意味だと言う事を私の中では基本にしているので・・・


互換品と言うものも中国製の大きな特徴で

「見た目が同じなら、同じ品」 というお国柄であるから

「安物買いの銭失い」を覚悟の人はお試しあれ!

品質の高さ、精度、保障などを重視するなら、日本製品を

購入することをお勧めしたい(笑)


米は北海道・ホクレンの「ゆめぴりか」しか食べないのでネット

で注文しています(美味しいお米を食べるのが日本人の基本)

猫の餌&おやつ、トイレ用品などもネットに依存していて

基本的に「安い」「お得」というのは選択基準にならない爺ですから

当然ながら「訳アリ商品」は購入しない主義です

高いのには高いだけの「わけ」があり、安い商品には安いだけの

「わけ」が有るのは当然の事・・・・

訳の無い商品が存在すること自体「異常」だと思っています


価格と言うものは「自分自身が納得できる」ものが適正価格で

納得できなければ・・・それは価値の薄い「高額商品」ということに

なると思っています


安いと言う言葉の基本になるのは、誰か(企業)が表示した価格に

対しての、それ以下の価格の事であって、自分の価値観とのバランス

で出された価格ではないと思っています


私は独り身で小食、だから時折「上質」「価格無視」で食べるようにしています

明日、来週・・・生きているという保証のない人生ですから、節約・我慢しても

意味が無い気がしています

だからと言って、私が贅沢三昧しているわけではありませんが・・・

自分自身にたまには「ご褒美」を、自分から自分に対し「奢って」いるのです


月に一度回っていない「寿司店」へ足を運び、月に2~3度「クロマグロ」を

柵(さく)で購入し、お気に入りの蕎麦店で「十割蕎麦」を堪能し、二ヶ月に

一度「ウナギ専門店」でウナギを食べることにしています


基本的に「間食」はしない人間ですが、肉体労働ですからたまには「甘い」

ものが食べたくなります

和菓子が中心で「洋菓子」はほとんど食べません

「上質のあんこ」が大好物で、美味しい和菓子の基本は「上品な甘さ」です

炭酸系が苦手で基本的には「お茶」と「ブラック珈琲」、生水は飲みません


この二ヶ月で体重が4キロちかく減っています

夏が終わるころまで生きているのでしょうか?

と言って・・・大きな病気をしているわけではありませんが(笑)


食べたいものを食べたいときに、上質なものをほんの少し・・・

たまに焼酎を片手に読書&ネット閲覧・・・

それが心と体に有益なのだと私は思っています。

Posted on 2017/07/05 Wed. 22:53 [edit]

category: 私の思い

tb: 0   cm: 2

藤原氏の出自  

楽しい時間の後はどんな時も、「寂しさ」だけを残していくものである

と言っても、とても楽しい「枯れたオフ会」でした(笑)

集まった4名が店で5時間ほど楽しく宴会をしました

取り敢えず生ビールで乾杯、その後3名で(焼酎3本)呑み続け

「サメの心臓」なるものを食し・・・・

酒も料理も、店の従業員の対応も「満足」でした

店を選んだ私も初めて利用する店で、皆さんの期待に応えられたか

ちょっと心配ではありますが・・・

ホテルの方は「シングル」で予約しましたが、ホテルの好意で

ツインの広い部屋に変更してくださいました

親父様とホテルに帰って焼酎(ストレート)を呑みながら楽しく歓談できたのも

ツイン部屋だからできたのかもしれません


私はオフ会とは「一期一会」だと言う認識で参加しています

二度と行かないとかそういう話ではなく、人間何時どうなるかわからない

そういうこの世の中で、「縁(えにし)」があって語り合える

そんなチャンスが何度も訪れるかどうかなど、神さましか知らない事でしょう

だから縁があった時には「楽しく」をモットーにしてきました

そういう意味では今回も「楽しゅうございました」


他の方が顛末をお書きになるかどうかは分かりませんが

私にとっての今回の集まり(オフ会)はとても有意義でした。



【藤】

ふじ・トウ

この文字の成り立ちを一年以上探してきましたが、不明のままです

私の持っている漢字に関する書籍・辞書にも、成り立ちがありません

中国にも無い文字でありながら、和製漢字にも存在していないようです

元の文字は 【滕】 トウ わ・く

 「藤」 トウ ふじ という文字はいつだれが創作したのでしょう?

滕の文字が「音符」として 「トウ」なのだから「、トウ」 と読むことに

なんら問題はありません

しかし・・・なぜ【ふじ】とよむのでしょうか・・・・


この「藤原」という文字も【日本書紀】が初出なのです

ただし・・・藤原京ではなく藤原宮として記述されています

実際には【新益京】と言うのが本当の京の名前ですが・・・

近世になって「藤原京」と呼ばれるようになったものです


私は藤と言う文字は持統天皇以降の時代に「創作」されたと

思っています


滕(とう)の原(はら)では意味が不明ですが、唐の原だったとしたら

おそらく「とうげん」と呼んだかもしれません

「とうげん」と聞けば、桃源郷を連想します

日本で最初の条坊制の「都城」であった新益京ですから

唐の都城を参考にしたことは想像できます

唐の平野にある都城のように立派な都城を造ることこそ

ヤマトが目指した「夢」だったのかもしれません

夢の唐風都城・・・桃源郷でもあったのかもしれません

しかし、「唐の原」や「桃源」では都らしくない・・・

そこで命名されたのが「新益京」という都だった

日本書紀を信じるならば、694年に遷都されたとされるが

実際には704年に完成したとされ、完成から4年後の708年に元明天皇より

遷都の勅が下り、710年に平城京に遷都された



どうして平安京・平城京より大きかったとされる新益京が捨てられたのか

藤の文字と藤原姓と藤原宮の「なぜ」は研究者も世間も大きく取り上げません

現代の皇室問題と同じ匂いがします(笑)


おそらく藤原という「名づけ」は平安初期辺りの「後付」だと私は考えます

【不死・我・等】

我等は死なず 

そして・・・【富士・我・等】

我等は富士の如く、ヤマトの頂上に君臨する

日本書紀に「霊峰・富士山」の記述はほとんどありません

歴史から抹殺された日本の霊峰の理由は・・・

藤原一族が「ふじ」という音を盗んだからではないでしょうか・・・


新益京という桃源郷を造った勢力の衰退が原因だったのか、それとも

捨てざる得ない重大な理由があったのか・・・・

(つづく)

Posted on 2017/07/03 Mon. 21:30 [edit]

category: 歴史

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top