ふるさと ビール瓶  



ふるさとは遠きにありて思ふもの
そして悲しくうたふもの
よしや
うらぶれて異土の乞食となるとても
帰るところにあるまじや 
ひとり都のゆふぐれに
ふるさとおもひ涙ぐむ
そのこころもて
遠きみやこにかへらばや
遠きみやこにかへらばや


この季節がもの悲しく感じるのは、冬が迫っているからなのか?


 
巷では「横綱の殴打事件」で盛り上がっているようだ

ハッキリ言ってビール瓶で殴るという事は殺意が無ければできない話

テレビ大好きな日本人は映画やテレビの中の「ビール瓶で殴るシーン」

を何も不思議に感じないで観ていることでしょうけど

あれは撮影用の作りもので、本物で殴ったら相当な確率で死に至ります


経験から言うと、相手が裏社会の人間で、やらなければ「ヤラレル」という

切迫性・非常事態でなければ手にしてはいけない代物です

痛みのわからない人間が増えてきた日本

近い将来、本当にビール瓶で殴る馬鹿が出てくる可能性はありますが・・・


わたしの考えでは日馬富士はビール瓶は使っていないと思っています

ビール瓶だったなら、流血ではなく「血の海」になっていたでしょう

近くにあったものを投げつけるなら未だしも、ビール瓶で殴るなんてことは

あり得ない話だと私は感じています(笑)


報道を鵜呑みにする現代人、ちょっと深呼吸して「自分の頭で考えて」

判断する習慣にしたいですね・・・


DSCN1422.jpg

          《 蔵書 古代史他 》

常用字解 
縄文の神話
八咫烏の「超」日本史
神道と日本人(山村明義)
神道と日本人(葉室頼昭)
ツクヨミ秘された神
ニギハヤヒ
敗者の古代史
氏神さまと鎮守さま
道中記 卑弥呼の都 邪馬台国
日本のまつろわぬ民
月と蛇と縄文人
富士山、2200年の秘密
古代神都 東三河
「神と鬼のヤマト」
神武と応神「祟り王」の秘密
全訳読解 古語辞典



スポンサーサイト

Posted on 2017/11/17 Fri. 21:11 [edit]

category: 私の思い

tb: 0   cm: 0

酒浸りの毎日  


天高く馬肥ゆる秋です

大きな連勤の波が過ぎたと思ったら、次なる波が間近に迫っています


現実逃避するわけでは無いですが、長屋の爺の愚かさでアルコールに浸り

日に日に酒量が増え、焼酎一升が1週間で空になり、お湯割りだったものが

ロックになり、いまではストレートになってきました(笑)

そもそも酒を呑む量が多かった20代は、一晩でスコッチをボトル半分とか

ブランデーをほぼ一本呑んだりしていましたが、20年間酒を呑まなかったせいで

3年前は御猪口一杯でギブアップしておりました・・・


私は楽しい酒は好きで、若い頃は金が無く屋台のコップ酒を一口呑んでは

電信柱まで走って早く酔うような事もやっていました(大笑)


給料のほとんどを酒代に使った時代もありましたが、結婚を機に酒を断っていました

酒を呑みだしたのは離婚してからですね・・・・

だから私が酒を呑むことを知る友人は今では2~3人でしょうか

ネットで知り合った人以外で酒を呑みかわすのは一人だけ

波長の合う人間以外と呑む気にならないし、呑んだから「言う」のが嫌いで

酒の力を借りて不平不満を言われるのがどうも苦手で・・・・

酒に呑まれて醜態をさらす人間とは相いれないこともあり

一人酒が大好きです


この記事も相当呑んでの更新ですから支離滅裂な内容

誤字脱字などご容赦ください


高齢だからと言いながら公務が負担になり退位すると言いつつ

コンサートや観劇に足しげく通う両陛下の報道を見るにつけ

バカヤロー 税金返せ! と叫びたくなるのを我慢しつつ・・・

「来年のカレンダーを注文しなくちゃ」

とか考えながら記事を書いています(笑)


私はこの10年ちょっとの間に腹回りがとんでもない事になりまして

ジーンズのサイズで言うと27インチから31インチに大幅アップ

その31インチも危うくなったので一念発起してサイズダウンに挑戦しています

現在は29インチのジーンズは何とか履けるようになりました

ジーンズは結構値段が張るのでたかが1インチといえど馬鹿にはできません

基本的にリーバイスの501が好きで、ワンパターンでしたが、最近はロスや

NYの新しいブランドも買っています (リーバイスは高過ぎです)


わたしの普段着は99%ジーンズとポロシャツ&Tシャツ

頭の中身が10代後半のままで今に至っている爺ですから

ジーンズにTシャツ、下駄に番傘が私の最高のおしゃれですが

車に乗る生活ゆえ下駄→スニーカー、番傘は盗まれるのでビニール傘

何とも様にならないことに・・・・・



下駄を鳴らして奴が来る、ことはもうないのでしょうけど

酒を呑めば、幾つになっても頭の中は「青春」なのです

現在スマホ(イヤホン)から能登半島(石川さゆり)が流れています

酒にはジャズ&演歌ですね・・・・おやすみなさい。


Posted on 2017/11/13 Mon. 23:46 [edit]

category: 私の思い

tb: 0   cm: 0

男と女 オスとメス  


世界経済フォーラムが毎年発表している「世界男女格差ランキング」

日本は114位という結果だそうだ・・・



「世界男女格差ランキング2017」が発表される / 日本の順位がヤバすぎ……



兎に角人間というやつは「比較」「順位付け」が大好きなようで

その裏に潜む「真相」には興味が薄いのかもしれない

1位から30位まではヨーロッパとアフリカ諸国が占めていて

唯一アジアからはフィリピンが10位にランクインしている

これをどう捉えるかは各自の判断にゆだねるとして・・・


私は人間とライオンの生活を考えたことがあり興味深い結果でした

男(オス)と女(メス)の役割、存在意義、の違いが明確に理解できる

と私は勝手に思っているのですが・・・


人間のオス(男性)は古代では家族を養うため、遠くまで狩猟に出かけ

その成果を待ちながら、子供を育て、家(生活圏の中)を守るのが

メス(女性)の役割だった

その結果、人間のオスは地理・天文に精通し、知恵と体力を使って

獲物を捕獲する能力が発達した

方向音痴では帰りを待つ家族のもとに「獲物(食事)」は届けられない

しかし特定の生活圏の中で様々な危険や変化に対応しなければ

生きていけない待つ身の人間のメスは、同時に沢山の情報を処理しなければ

ならない状況に置かれた結果、ながら思考のできる能力を高めていった


別々の会話をする数人の女性をみて、「理解できているのか?」と感じたことが

あったが、彼女たちは聴くことと考える事、話すことが別々にできるのではないか

長屋の爺なりの解釈ではそういう事になっている(笑)

女三人寄れば文殊の知恵姦しい(かしましい)といわれるのも、そういう能力ゆえか・・・


ところが、ライオンの場合はちょっと違っていて、オスは狩りをほとんどしない

子供を産み、育て、食料を確保(狩猟)するのは専らメスの仕事なのである

オスはというと縄張りの維持が大きな役目で、余所者が入り込まないようにだけ

気を付け、あとは自己の種を繫ぐことだけに専念する

例えは悪いが「髪結いの亭主」のような存在なのである


格差という言葉が重大な事のように扱われる近年

そもそも男と女は違った特性を以て生まれて来たのに、同じ土俵で

計るというのがどうなのか・・・

長距離を走る大型トラックと緊急車両である消防車の性能を比較したり

燃費の優劣を俎上にあげるようなものかもしれません

同じメーカーのトラックであっても、使用目的・特性が異なっているのですから

差があって当然なのではないでしょうか・・・・


かつて鮭はイクラ(卵)を持つメスが高値で取引されることが多かった気がします

私はオスの方が好みですけど、遡上して産卵した後のメスは「ほっちゃれ」と呼び

北海道人は見向きもしません

シシャモも卵を抱いたメスが高値です


鶏も卵を産むメスは貴重なので「縁日」では売られません

子供のころにピンクや黄色、青や緑に彩られた「ひよこ」を買って帰りました

オスなのはわかっていましたが、両親は喜んで世話してくれました

なぜなら・・・年末に「食卓」に載る貴重な鶏肉になるからです(笑)


この世にはオスとメスという役割の違う生き物で構成されてきました

この世の多くの動物は一部の例外を除いてオスとメスで繋がってきたのは事実です

(ゴキブリは状況によってメスだけでも卵を産み、その卵は孵化しますので

オスは必要不可欠ではないと言えます 

ミミズは雌雄同体ですから雄雌の区別は無いですね・・・)


そもそもオスとメスは別の生き物、種類なのですから無理やり同じとする

近年の論理には納得できません

上手く伝えられませんが、別の役割を持ったものを同じ基準で評価・判断する

最近の風潮に疑問ばかり感じます

神さまが男と女を同じ基準で判断する心算なら、雌雄同体にするか

男女の個体差など与えずに「人間」という生き物一種類にしたはずなのです

違いは「特性」であり、「能力」であり、「魅力」であるべきです


自分の都合の好い時だけ「オトコ」「女」を振りかざすのは姑息と言えます


私は掃除、洗濯、料理、仕事が大好きで、苦痛に感じたことがありません

残念ながら自分自身で子供を産めませんでしたが(笑)


私は仕事柄、たくさんの一般家庭に仕事に行きます

当然ながらキッチン洗面・トイレなどを間近に見ることが多く

その現実をよく知っていますが、きちんと清掃され整理整頓されている

家庭は1割~2割というところです

(専業、共働きの区別なくこのような状況が現実です)


私は仕事をしているからと掃除や洗濯に手抜きなどしませんし、キッチンや

トイレが汚れていることに我慢できない性格です

テレビを観ている時間が有るなら掃除をすべきと思っていますので

残念な現実に驚いてみたり失望したり・・・・

(だからと言って長屋の爺は女性を軽視したりしません)


男女の格差より考えなければいけない「格差」はもっとあるはずなのに

それすら日本人にとって、他人事であり腹の足しにならないこと

損得、自分は特別という自己中心的なお花畑思考で生きている結果でしょう

どうして自分は男に産まれたのか

どうして自分は女に産まれて来たのか

どうして自分は日本人として産まれて来たのか

男は女を軽んじるためではなく、女は男と張り合うためではなく

お互いを尊重し労わり合う別々の特性をもって産まれて来た人間

そう考えれば男だ女だと角を出し合うことも無い気がしますけど・・・。


Posted on 2017/11/05 Sun. 22:41 [edit]

category: 私の思い

tb: 0   cm: 0

連勤地獄から生還しました  


ずいぶんと間が空いてしまいました

長屋の爺、連勤の連鎖から解放されました(笑)

元気ですか? と問われれば、何とか元気ですとでも・・・


考えてみれば還暦を過ぎた老体ですから、元気な訳が無い!

たまたま友人知人に隠居生活をする人間が見当たらないのも

自分が働ける理由の一つかもしれませんが・・・・


現在病気は頭の中身を除けば、ほとんど見当たらない状態ですが

怪我は日常茶飯事で、現在は右肩の腱が断裂しており、木刀を振れない

ことぐらいでしょうか

左肩の腱のときは半年くらいで木刀が振れるようになったので、来春には

木刀が振れるようになるのではないかと考えています

この齢になると病気やけがは完治するのではなく、上手に折り合いをつけ

生活の一部として共に歩む・・・なんて思っています


さて、選挙も終わり師走へとカウントダウンが始まっていると感じる今日この頃

冷たい風が身に染みるのは長屋の爺だけでしょうか・・・




人間というものは神さまが創造したと言いますが、人間とは未完成な生き物

というより、なんとも不具合の多い生き物というべきかもしれません

神様の「チカラ」をもってしても、この程度の人間しか作れなかったのなら

神さまの「チカラ」も大したことが無いと言えば神さまに怒られるでしょうか(笑)


そこで疑問・・・

日本人を作ったのは何という神さまなのか?

私は知り得る限りの神様を思い浮かべてみましたが解りませんでした

イザナギ・イザナミは神話の世界の夫婦神ですが

人間を生んだ(産んだ)記録は残っていませんから違います

神話から古代史を見ても、人間の誕生は何処にも書かれていません

神さまだらけの日本神話と日本の歴史書だけなのです

当然ながらいつの間にか人間が出てくるのですが、いつ神ではない人間が

誕生したかは語り継がれていません


これも神道が「宗教」ではないと思える要因の一つと私は考えています

宗教的に考えれば、神さまは偉大な力を持ち、(未完成な)人間を創造した

そう教えるかもしれませんが、日本では神さまが人間を創ったとは明確に

書いていないし、天皇は神さまの末裔という事ばかりを強調し、皇祖神と呼ばれる

神をどうして敬わなければならないのかを語りません


日本人と神さまの因縁(因果関係)を語らず、皇室を敬えでは片手落ちのような

気がします

私が人格神を重要視しないのも、そういう理由からで、あくまでも自然神としての

八百万の神に対して感謝を表すという姿勢を貫いています

だからと言って人格神を否定する気も、軽んじる気などさらさら無いですが・・・


日本人というのは「どうして?」が希薄な民族なのでしょうね

日本という土地がまだ完全に出来上がっていない時に神さまは存在したと

神話に書かれています

国(島)が出来上がって神さまが降臨した後に、すでに人間は暮らしていたように

記紀には書かれています

神が降臨してから後、いつ人間が誕生し日本に住み始めたのでしょう?

お湯をかけて3分待てば出来上がったわけでは無い事だけは分かりますが・・・


記紀を読むとなんとなく納得させられてしまう事も、冷静に考えれば矛盾や

疑問点が数多く出てきます

神さまやその系譜である天皇家に纏わる疑問・矛盾を考えてみたいと

偏屈の虫が騒いでおります(笑)


以上、久々の更新でした。

Posted on 2017/11/04 Sat. 23:12 [edit]

category: 私の思い

tb: 0   cm: 0

おやすみ  


唄が上手いからと言って売れるわけではない

いつしか忘れ去られてしまう歌手もいる





お休みなさい。

Posted on 2017/10/09 Mon. 22:07 [edit]

category: 私の思い

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top