FC2ブログ

夏休み用


夏休み用に書籍を購入した

最近は読書が苦手になって、一冊読み終えるまで

かなりの時間がかかる

根気が無くなったというか、頭や目が疲れてしまい

何日もかけて読破するようになった

それでも根っからの本好きだから、ついつい購入して

積読(つんどく)となってしまう


今年は猛暑、外に出かけることもないし、旅行の予定も入れてない

読書の合間に「うたた寝」するか、うたた寝の合間に「読書」するか

どっちになるのだろうか・・・




     DSCN1846.jpg


【謎の漢字 笹原宏之著】

定番の漢字に関する書籍、日本人は漢字の読み書きを

教わるのに、漢字のことを知らない珍しい国民です




     DSCN1847.jpg


【古代氏族の研究 物部氏 宝賀寿男著】

物部という姓は見かけなくなっても、末裔は姓(苗字)を

変えて今も生きている



     DSCN1848.jpg

【新聞という病 門田隆将著】

ゴネコさんのブログで知った書籍、早速購入しました

この著者の本は読み始めると引き込まれてしまい

日本人の薄れかけた「良心」に訴えかけてきます



     DSCN1832.jpg

【左翼老人 森口朗著】

左翼とは何か? 

左翼とその手先であるマスゴミに騙され「左翼化」する団塊世代

老人たちは共産主義から解放される日が来るのだろうか・・・



     DSCN1834.jpg


【古代神都東三河 前田豊著】

縄文の巨石信仰の匂いがする東三河

持統天皇はなぜ?三河御幸をしたのか

東三河の神社がその時を境に急増したのは・・・・



     DSCN1831.jpg


【本所おけら長屋13 畠山健二著】

読む落語・・・とでもいうのだろうか(笑)

第一巻から購入し今回で十三巻目、毎回笑ったり涙したり

吉本芸人を見て笑っている人には理解できないかも・・

落語が好きな人なら腹を抱えて笑ったり、思わずほろりと

させられる人情小説である
スポンサーサイト



英霊の遺せし「言の葉」


私はみなさんが、ご存知のように「歌心」のない野暮天です

私には他の方のように「絵画」「歌」「演奏」などの表現とは

無縁で生きてきました

幼少のころから「過激」で、負けず嫌いでしたが、学問・芸術では

闘わずに過ごしてきたのも事実です

争そわずに学ぶ

闘わずに触れる

人生も終わりに近づいてきて、ようやく気付いた爺です(笑)


私には「歌」の善し悪しも、意とする心も理解できません

ですが、その時の状況が解れば、多少なりとも気持ちだけでも

寄り添えるような気がしています


今日紹介するのは、72年前に祖国の未来を信じて、大切な人のために

命を賭した若者(先人)の辞世の生の歌を紹介したいと思います



国のため   父母にうけたる  精神(こころ)もて

     我れは散るなり   桜のごとく

    《 松尾 登代喜 19歳 》



皇国の  弥栄(いやさか)祈り  玉と散る

     心のうちぞ  たのしかりける

     《 若杉 潤二郎 24歳 》


今更に  我が受けて来し  数々の

     人の情を 思ひ思ふかな

     《 鷲尾 克己 22歳 》


人の世ハ  別れるものと  知りながら

     別れハなどて  かくも悲しき

     《 上原 良司 22歳 》


大命の  まにまに逝かむ  今日の日を

     吾が父母や  何とたゝへん

     《 渡辺 綱三 18歳 》


しきしまの  大和心を  一ひらに

     こめて散りゆく  若櫻花

     《 高田 豊志 19歳 》


櫻花(はな)と散り  九段に還るを  夢に見つ

     敵艦屠らん  我は征くなり

     《 浅川 又之 23歳 》


来る年も  咲きて匂へよ  櫻花

     われなきあとも  大和島根に

     《 長澤 徳治 24歳 》


   君がため 雄々しく散らん 櫻花

     《 上成 義徳 25歳 》

来る年も  また来る年も  とこしへに

     咲けと祈りて  我は咲くらむ

     《 桂 正 21歳 》


君が代を  寿(ことほ)ぎまつり  我れゆかん

     死での旅路は  米鬼もろとも

     《 國吉 秀俊 21歳 》


かへらじと  思ふこゝろの  ひとすじに

     玉と砕けて  御国まもらん

     《 菊池 誠 22歳 》


岩が根も  砕けざらめや  武士(もののふ)の

     国の為にと  思ひ切る太刀

     《 熊澤 弘之 22歳 》



      【 死出の旅 】 


古郷の  梅をながめて  さまよひぬ

     これも遂に  最後となりぬ


死出の旅と  知りても母は  笑顔にて

     送りてくれぬ  我くに去る日


広き広き  ホームに立ちて  見送るは

     母と妹と   共二人のみ 


奉げたる  生命にあれど  尚しかも

     惜しみて遂に  究め得ざりき


我が生命  捧ぐるは易し  然れども

     國救ひ得ざれば  嗚呼如何にせん

     《 小林 敏男 23歳 》   


終戦を数か月後に控えた昭和20年春・・・・

紛れもなく、愛する者を守るために散った命があったのです


靖國に眠る英霊に、感謝こそすれ愚かにも否定する

現代人たちを見て、私は言いようの無い淋しさと

恥ずかしさ、そして小さな怒りをを感じています


この問題は無理強いすべきものでもなく、日本人として

どう向き合うべきか自身が判断すればよい事でしょう


日本の元首である天皇、政(まつりごと)の長である総理大臣

多くの日本人が素直な心で参拝したときに、英霊は成仏できるのだと

私は思っています。
     

恒例の夏休暇


今年も不規則ながら夏の大型休暇がやって来る

一月と八月は仕事が少なく、不確定だが連休が多くなる

通常なら何処かへ行こうかと考えるのだが、雑踏が苦手な爺

エアコンの効いた部屋で読書三昧が楽しい・・


少し書籍が減って一安心したのだが、気が付けば・・・・

処分した以上の書籍を購入していた(笑)

今年は「大東亜戦争」関連を中心に、被差別問題の書籍や

仏教(禅宗)関係、万葉集関連など、少々偏った書籍を購入してある

* 箸休めならぬ「読書の頭休め」に 慶次郎縁側日記 を

17巻ほど用意した


本日から「七夕まつり」や「花火」など、近隣はイベントだらけだ

カメラを片手に「夕涼み」と思ったが、人の波を想像しただけで

頭が痛くなってしまった


ビールを片手に読書、時々転寝(昼寝)など贅沢な時間を過ごしたい

台風も上陸しそうだとか・・・



天人相関の猛威は止まるところを知らない

日の本にこれ以上災難が降りかからないことを祈りたいものです。



         みこ 29・7


プロフィール

長屋の爺

Author:長屋の爺
玉は琢磨によりて器となる。
人は練磨によりて仁となる。
必ずみがくべし
すべからく練るべし。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR