事実という思い込み  


私が神さまや神社の事について何か話すと

決まって返ってくる言葉が「あり得ない」「何の根拠もない」

そういう言葉が殆どです(笑)


私は間違いなく物事を知らない爺ですが、押し付けられた

物事・由緒、定説はできるだけ疑ってかかる事にしています

ゼロでない限り1%でも可能性が有れば、その可能性について

私は考えてしまいます


この世の中の事象、歴史的諸説には必ずと言っていいほど

「理由(わけ)」があります

都合の良い解釈で構築された通説・定説は魅力がありません


多くの方は現代感覚で全てを推し量ります

菅原道真公が怨霊だと認めたくない人は大勢いらっしゃいます

「だって学問の神様が【祟り神】である訳が無い」・・・というのが理由です

祟り神・怨霊というのは我々「鬼の子孫」から観ることではありません

平安時代前後では「世の中」というのは【宮中】のことであり

一般社会の事ではありませんでした

5位以上の貴族が「ひと」であり、従4位以上の人が「良いひと」でした

その中の一握りの公人が「公卿」という特権階級者であり、権力者だった

そういう「良いひと」からみてどうだったのかが「物事の本質」であって

下賎の「人もどき」や「鬼」とはかかわりの無い話だったのです


伊勢や出雲、大宰府、宇佐、熱田が同じ形式になっています

川を渡り、折れ曲がった参道、不可解な拝殿の位置・様式など特徴があります

祟り神を祀っている形式だと言うと、一様に「そんな馬鹿な」と言われます


歴史通説の伝承はあくまでも【勝者の言葉】で綴られてきました

とは言っても、私が正しい事を語っているとは証明できませんから

信じる必要も無いですけどね(笑)


例えば、一番わかりやすい例が明治神宮ですね

この場所は彦根・井伊家の下屋敷だったところで、22万坪の荒れ地で

現代のような木々に囲まれた場所ではなかったと言います

国内や台湾、朝鮮から集められた木々17万本で造られた人工林です

そんな場所に神社を造るなら真っ直ぐな参道を木々が囲むように

造る事が当然であり、参道を曲げる必要が無かったと思っています


明治天皇の墓所は京都にありますから、此処に神社を造り祀る必要が

あったかどうか・・・・どう思いますか?

それまでの天皇のほとんどが神社に祭られなかったのに

どうして明治天皇だったのでしょうか・・・


祀るには祀るだけの「理由」が無ければなりません

理不尽な目に遭った、不都合な死に方だったとも考えられますし

もしかすると権力者たちの不都合が存在したことを匂わせます


日本の歴史では初代天皇は 神武天皇 とされています

この神武天皇を祀る神社は 橿原神宮 です

橿原神宮は1890年(明治23年)に明治天皇によって創建されています

どうして初代天皇が祀られていなかったのか?

どうして皇祖が祀られている伊勢に参拝しなかったのか?


天皇家史上初めて 伊勢神宮 に参拝し、初代天皇を初めて祀った天皇が

明治天皇なのです





神社を造立するのは庶民の家を建てるのとは次元が違います

家が建っていたからとか、池があったからとか、窪地だったとかは

理由になりません

神さまを祀るのに庶民(ひとでなし・鬼)の都合など無きに等しいのです

現代人の感覚で神社や神さまを量ると大きなことを見落としてしまいます


曲がった参道を造るには、それ相応の理由があったはずです

しかし、研究者や歴史家は取り合ってくれません

さらには、「そういう確かな決まりはなかった」とまで言います

どうしてわかったのか? 聞いてみたいですけど・・・


オオクニヌシは祟ったと日本書紀は書いていますし、アマテラスも同様に

天皇家に祟ったと記されています

どうして祟ったと書き残したのでしょう?

菅原道真公も大怨霊として書き残されていますし、黙っていられない

人々が存在したということかもしれません



現在 神社通の人が参拝の作法を自信を持って語りますが

これこそ明治政府が勝手に決めたものであり、江戸時代までは

確立していなかったと言います

神仏習合であって、寺の境内に神社が同居していたのですから

作法だけが宗旨宗派を問わなかったなどと言うのも信じられません




国家神道と神社神道が曖昧になったのは明治からです

明治は日本人にとって本当に「素晴らしい転換期」だったのでしょうか?


NHKが躍起になって「明治は最高」「明治こそ日本の原点」みたいな

番組作りをしていることに気づいていますか?

最近の大河ドラマが幕末を題材にしている理由が不可解です


NHK は天皇家を「王家」などと称して、崇拝しているようには見えませんし

かと言って、天皇家に反抗しているようにも思えません

現天皇家の意向に沿って、天皇家の一部分を否定しているようにしか

私には思えません

ぶっちゃけて言うなら 明治=天皇家 の始まりである

そういう意図が見え見えに感じるのは私だけでしょうけど・・・

つまり、江戸後期までの日本の治世を否定するかのように


江戸時代には大きな内戦も戦争も起きなかったのに

(例外的なものはありますが・・・)

明治になってからは多くの日本人の命が失われました

本当に江戸時代は「悪」だったのでしょうか・・・



私は天皇家のための「維新戦争」だったと思っています

尊王攘夷が勤皇討幕に衣替えした理由は謎のままです

光孝天皇は強硬な攘夷論者でした

しかしながら、光孝天皇亡きあと西国諸藩は攘夷から倒幕にシフトしました

敵が異国では無くて 徳川幕府になったのですから、どうなってしまったのか

現代の有識者は勤皇の志士たちを称賛しますが、ブレまくりの忠臣たちであり

そんな維新の志士を称賛する現代人の思考が理解できません

つまりは、勝てば官軍 そのものではないでしょうか?


勝った者の言い分は何物にも勝るという典型でしょうね

過去の日本の歴史がそうであったように、勝者にのみ「発言」が許されるのです


日本を壊したのは大東亜戦争のアメリカばかりではなく

そのずっと以前に明治政府が日本を壊したと私は思っています


江戸が首都になったのにも理由があり、政治 経済 外交において

京都が都で不都合な理由があったとは思えません

本気で攘夷を感じていたなら、内陸部に位置する京都のほうが

立地としては好適だったと考えています

黒船が沿岸に見える景色を見て、海の近くの首都は危ういと誰しも

考えるでしょう

しかし、異国との共存を考えるなら 江戸 が首都の方が都合がよかった

そういう事かもしれません

そういう意図が有ったからこそ、江戸城無血開城になったのでは?

しかし倒幕で凝り固まった収まりのつかない勤皇志士たちのガス抜きが

会津討伐だったと私は見ています

首都が薩摩 長州 土佐 等の倒幕派の領地に近い関西では不都合な理由が

あった?わけでもないでしょうから・・・・



わずか200年足らずの過去さえ確かにできないのが歴史というモノですから

古代の歴史など簡単にわかるはずも無いです

そういう事で長屋の爺も「言いたい放題」の歴史を騙れる・・・・

そういうことなのでしょう(笑)



スポンサーサイト

Posted on 2018/02/21 Wed. 22:56 [edit]

category: 私の思い

tb: 0   cm: 2

やっぱり風呂は最高  


昨日 一週間ぶりに許可が出たので風呂に入った

髪はベタベタ、髭は伸び、身体中気持ち悪かった

日本人にとっては風呂が一番ですね

長屋の爺の体は「垢」でできていたのか?

と、思ってしまいました



平昌五輪が始まっているようですね

基本的に過剰な期待はしないほうが良いとおもいます

出られるだけでも称賛されるべきで、暖かく見守ってあげるべき

私はそう思っています


日本を貶める発言する反日議員は、代表選手たちが活躍して

揚げた日の丸を見てどう思っているのでしょうか?

日の丸掲揚や国歌斉唱を批判するくらいだから

日本選手や国旗掲揚、日の丸を持って場内を一周する行為などを

批判するのでしょうか?

もしも拍手喝采したという発言をしたなら、ダブルスタンダード

の見本ということですね

教育現場はダメでスポーツはOKなんて理論が破綻しています



話は変わりますが、今日ゴルフ練習場に行ってきました

練習する為ではありません

運動するためにです

練習は向上する為であり、私の場合は体を動かすため

休んでいる筋肉に気合いを入れるためです(笑)

右肩の腱も少しずつですけど痛みが少なくなりました

桜が散るころには生活にも支障が無くなると思います


おかげでモヤモヤしていた気分がちょっとだけ晴れた

気がしております


少しずつ 日常のリズムを戻していきたいと考えています

温泉に行きたい!

今の正直な気持ちです(笑)





Posted on 2018/02/15 Thu. 21:20 [edit]

category: 私の思い

tb: 0   cm: 2

知らない事と知らされない事  


乳酸菌飲料ヤクルトに「遺伝子組み換え」の素材が使用されていた問題が

9年前に毎日新聞に掲載された


今では読むことはできないが、おおよその内容はこういう事だった

 アサヒ飲料・大塚製薬・キリンビバレッジ・サッポロ飲料・サントリー

・日本コカ・コーラ・ポッカコーポレーション・ヤクルトの8社にアンケートし、

清涼飲料への遺伝子組み換え使用の有無を聞いた。

その結果、「一部使用」も含め、アサヒ飲料、キリンビバレッジ、サッポロ飲料

、サントリー、ヤクルトの5社が異性化糖で「不分別」を使っていると答え、

ポッカは「使用の可能性がある」と回答した。

ヤクルトは「ほとんどの異性化糖メーカーが原料を遺伝子組み換えに切り替え始めている。

組み換えでない原料の異性化糖は、必要量の安定確保が不可能になった」と説明した。

一方、大塚製薬は「使っていない」とし、日本コカ・コーラは「情報公開を義務づけられた

内容以上の質問には答えられない」と回答した


異性化糖とは・・・

よく目にする食品の成分欄に ブドウ糖果糖液糖とか果糖ブドウ糖液糖と表示される

合成甘味料のことで、ブドウ糖は血糖値を上げ、果糖は上げない特性があり

トウモロコシやジャガイモ、あるいはサツマイモなどのデンプンを、変化させて

さらに甘さの強いブドウ糖果糖液糖(異性化糖)を作っているのです



私は現代人がリスクの無い食品を口にできる可能性は限りなくゼロに近いと

考えています

知らない事、研究で判明していない事、というより解っていない事の方が

多いとさえ思っています

化学(科学)は万能ではありませんから・・・


海に泳ぐ魚も、地上で育つ作物も、何らかの化学物質に晒されているのが現実です

食肉だろうと魚貝だろうと野菜であろうとも・・・


海も空も地球上は繋がっていますから、福島の海の魚介類を心配する人は

日本海にばら撒かれる韓国人の人糞は気にならないようですが(笑)


食糧危機が来るかもしれないと警鐘を鳴らす人も居ます

飽食の時代は科学の発展と化学物質の成果によってもたらされました

この世から化学合成食品や遺伝子組み換え食品を排除して、雲や霞を

食べて生きる人が多くなる事でしょう(笑)




個人の畑で収穫する野菜にも化学肥料や除草剤が使われている現実

まさか流通している野菜類は、「人糞」を使っているなどと言うのでしょうか

化学肥料より大腸菌などが野菜の生育に不可欠だとでも言うつもりか

韓国製品でもあるまいし(笑)


その時期に「知らせた意図」を考えない人が多い

この成分を詳しく調べてみるとよくわかるはず、飲料メーカーだけが例外ではない

化学製品・化学食品まみれの生活を送りながら、今になって気づいたとでも?


この世のあらゆるものは【両面】をもっている

メリットとデメリット、薬と毒、幸と不幸、益と損失


例えば【ワルファリン】という薬剤が有る

一般的には殺鼠剤として用いられている

ネズミの駆除剤である

しかしこの薬剤は病院で処方される薬の成分でもある

血液が凝固しないように処方されるもので、血管内で血液が滞り

固まって生じる「血栓」ができにくくする効用という

この薬剤をネズミなど齧歯類に与えると、血液が固まりにくくなり

ネズミは建物などに体を擦り付けて行動する習性がある、そのため

体のあちこちに皮下出血をおこし、さらには眼底出血を起こし死に至る

ワルファリンとはそういう毒でもある


や「命を守る薬」、片や「害獣駆除に用いる毒」なのだ

量や使用目的が違えば、毒にも薬にもなるのが現実なのである



この世に存在する健康被害を排除し始めたら、原始時代に戻る?

いやいや、原始時代でも健康毒は存在しただろう

毒キノコや毒草などは今でも存在するのだから・・・・


何かを見たり聞いたりすると、まるで天下を取ったように吹聴する

そういう人は少なからず存在し、自分は被害者だと企業を批判する

ではその遺伝子組み換えでどういう被害を受けたのか?

きっと都市伝説のような言葉を羅列するのが関の山だろう


さほどに世の中は「リスク」や「可能性」については知らせないのである

摂取した人としない人の確率がほんの少し変わったくらい、確たる証に

なるとは思えない・・・


同じ人がダーツ盤に向かってダーツを投げて、中心に当たる確率と

我々に提示している効能の差異など五十歩百歩なのではないか

世の中の事象には百ゼロの審判を下す人が、10%が14%になっただけで

大騒ぎをするようなもの・・・・


どうしてこの時期に飲料企業の遺伝子組み換え報道だったのか?

私にとって、その事の方が大きな関心事なのだ

外国製飲料を販売する他メーカーの思惑なのか某国による業界への介入なのか・・・


どの企業であっても、企業である以上「清廉潔白」など夢幻

例外なく利益という悪魔の誘惑に引きこまれている

企業の目的は「利益を上げる事」なのだから、どんなに立派な事を

言っても倒産したら誰も評価してくれないのだ




食品添加物や保存罪を批判する人は書いてあるから知っているだけであり

記述を変えていれば「気がつかない」だけだと私は感じている

正しく記載しない企業より、記載するように明確な法制化をしない政府の問題だ

全ては利権と経済至上主義による「思惑」で、抜け道だらけの社会なのだから

露見した一事をもって一喜一憂したり大袈裟に騒ぐことは無い気がする


知らされたサルも、知らないままの豚も何ら変わら無いのがこの世の中

排除し敬遠して残った食べ物が一番害毒だったなんて・・・

笑えない現実が待っているかもしれないのだから。



Posted on 2018/02/08 Thu. 15:17 [edit]

category: 私の思い

tb: 0   cm: 2

名も無き自分  





        th8GP5YX6P.jpg



《 詞・曲・唄 中島みゆき  命の別名より 》

知らない言葉を覚えるたびに

僕らは大人に近くなる

けれど最後まで覚えられない

言葉もきっとある


何かの足しにもなれずに生きて

何にもなれずに消えて行く

僕がいることを喜ぶ人が

どこかにいてほしい


石よ樹よ水よ ささやかな者たちよ

僕と生きてくれ

くり返す哀しみを照らす 灯をかざせ


君にも僕にも すべての人にも

命に付く名前を「心」と呼ぶ

名も無き君にも 名も無き僕にも


たやすく涙を流せるならば

たやすく痛みもわかるだろう

けれども 人には

笑顔のままで泣いてる時もある



なぜ現代人はSNSやブログなどに集まるのか?

なんとなく わかる気がしてきました・・・。



Posted on 2018/02/06 Tue. 23:53 [edit]

category: 私の思い

tb: 0   cm: 0

おひさしぶりです  


気温も気持ちも寒い日が続いています

心身の寒さを和らげるために酒量が増しているのが現実です

ボンヤリしていると悪しきことばかり考えるので、家じゅうの

掃除をして過ごしています

キッチンもトイレもピッカピッカになりました・・・・

できるだけ手間のかかる調理をして食事をしています

当然ながら洗い物が増えますが、我が家は「食洗器」なので

コップや鍋釜、フライパン、グリルなどを手洗いで磨いています

知らない人が見れば「異常な光景」かもしれません



人は「思い込み」で暮す生き物です

あるのかどうかわからないモノを、有ると信じ切って暮らしています

それを疑わないことが怖いと私は感じています

人は「前提」を基に自己流の解釈をする傾向にあります


今上天皇が半島人を同胞のように言及したのも「洗脳」と決めつけ

その言動があたかも誰かの作為によってなされたと勝手な解釈をしています

本当にそうでしょうか?

私は「当然」の事だったと思っています

宮中祭祀は「一子相伝」の秘事だと思われています

そういうのだから・・・そうなんでしょう(笑)

一子相伝とは【口伝】でもあります

書いたものは一子相伝にはなりません

誰でも見られるものは「一子相伝」にはなり得ないからです


もし・・天皇家に「口伝」が存在していたら、我々が知らされていない

皇室の過去が存在していても不思議ではないでしょう

私は巷間で口にされている事よりもっと予想外の事実が天皇家に

存在していると思っています



冷静になぜ? を自問すれば、多くの選択肢が見えてきます

全ての物事には必ずといって良いほど【理由】があり、事実は

我々ヒトデナシには想像もできないことが多くあります


都合の好い理由を見つけて納得すれば、それでおしまいですが

私は想像の根底にあるのは「知」と「行」だと考えています

知らない事を基に想像することは困難であり、経験の無い事を

基にした理論を延ばし拡げる事はできないと思っています


あると思っていたことが無かった・・・

別に男女の愛情の話ではありません(笑)

本当に日本に神話というモノがあったのでしょうか?

なぜ日本の都を「江戸」に移したのでしょうか?

なぜ日本人は明治政府を美化するのでしょうか?

どうして明治天皇だけが神さまに祀られたのでしょうか?

どうして・・・という発想が受け入れられない近代の風土は

誰が望んだことでしょうか?


なぜ徳川幕府は朝鮮通信使を受け入れたのでしょうか?

日本にとって「得る」ものなど無い半島の使節を歓迎した理由とは

教科書に書いてあるから事実ではありません

歴史とはその時・その場所に【立ち会う】ことからしか真実は見えません

私は教科書に書いてあることの多くが、「風が吹けば桶屋が儲かる」という

話に似ていると感じています

一つのピースが間違いだったり、虚実であったならすべての方程式が

瓦解するような・・・・

我々が知っている事実とはそういう「脆い」ものだと思います

この世には、あまりにも多くの「不都合」が存在します

不都合が解ればすべてが解るかもしれません

不都合とは立場によって異なります

この世とは平安時代では「宮中の内」であり、今の時代では

経済的勝者と権力者の世界の事なのです


豆まきの「鬼は外」の【外】とは、宮中の外という意味でしかありません

鬼は角を生やし赤や青い体では無いのです

殿上人以外の「ヒトデナシ」のことを鬼と呼んだのですから

門松が縁起が良いのなら、どうして皇室では飾らないのでしょう?

なぜ?という意識・・・私が異常なのかもしれませんけどね。


かなり酒を呑んでの更新です、支離滅裂な駄文はご容赦を!

Posted on 2018/02/05 Mon. 23:56 [edit]

category: 私の思い

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top