美味し国  


私が子供の頃に食べた「コメ」と現在の「米」は大きく異なる

とにかく味が良い

白米がこんなに「白い」事を中学生になるまで気づかなかった爺

それほどまでに北海道のコメは難ありだったのである


米が美味しいと、おかずが一品少なくて済む

亡き母親の口癖だったのを思い出す


日本の主食・飯(めし)には【強飯(こわいい)】と【糄𥻨(ひめいい)】があり

強飯は甑(こしき)で蒸したもの

糄𥻨は柔らかく炊いたもの

* 米をたくことを カシグ といい、 の字を当てる

強飯は しろこわめし で、現代の 赤飯 は強飯に小豆を混ぜたもの

【おこは】は強飯の名残といえる

現代の飯は糄𥻨と思っても良いのでしょう


ひめいい を冷水に漬けて柔らかくしたものを「水飯(すいはん)」といい

平安時代では、水飯は夏の暑い時に食べるもので、太り過ぎを防ぐものとされた

ダイエット食だったわけですね

それに対し、熱い湯につけるのを「湯漬け」といいます

これは今でも「湯漬け」と呼んでいます



肉食

日本に仏教が入ってきて浸透するにしたがって「肉食」は禁止されて行きます

* 天武天皇四年(675年)に牛・馬・犬・猿・鶏の肉を食うことを禁ずる詔勅が出た


禁止されても食べたい・・・人間の心理ですが(笑)

家畜の肉を食べることは禁止されましたが

狩猟で捕るイノシシやシカなどは庶民だけでなく、貴族たちも

食べていました

それらの肉は薬用として広く食べられていて

その猟を薬猟(やくりょう)と呼び、この習慣は江戸時代まで続いた

とされています


「獣でなければ食べたって良いだろう」

と思ったかどうかは不明ですが、イノシシ=牡丹(ぼたん)

鹿=紅葉(もみじ)と呼んで食べていたようです

花札の紅葉の札に鹿の姿が描かれていますが

萩ではなく牡丹の札にイノシシが描かれるべきだったのでは・・・(笑)

thZXX1L651.jpg
スポンサーサイト

Posted on 2018/05/26 Sat. 20:36 [edit]

category: 戯れ言

tb: 0   cm: 0

民泊の今昔  


最近よく目にする「民泊」

民泊の歴史はとても面白い


宿に泊まるには【木賃(きちん)】というものを支払った

どうして宿代ではなく、木賃なのか?

昔は旅人は食糧を持参して、自炊するのが通常だった

木賃の由来は 【薪(まき)】の代金として支払ったことによるもので

江戸初期の相場は一人三文という (1611年 現在の75~80円)

その後、一人四文になったが、薪を持参すれば半額になったらしい

この辺りから、薪代と宿泊費が区別化されたと考えられる


宿というのは当初は専業化されていなく専門の宿は少なかった

(当然誰でも知っている宿場の形など、もっと後の話になる・・・)

なので農家が副業として旅人を泊めていた

今でいう 民泊だったのだ・・・・


やがて街道に宿場が整備されてくると、専業の宿屋が多くなり

幕府は農家の副業である 民泊 を禁止した(1715年)

早い話・・・理由は明白で、農家が自由に価格を定めていたことによる

【ぼったくり】が横行していたことと、専業の宿屋の

営業を妨害していたからというのが表の理由だ(笑)


宿泊客にすれば困難谷まる旅で、食事や薪の心配をする形式から

金を払えば宿で米が買え、自炊するのも楽になった

このような形態を 木賃米代宿泊 という

だがこの時はまだ 宿 という形なのである


私たちが目にする時代劇の宿は 【旅籠(はたご)】というもので

賄い(宿泊・食事・風呂)と呼ばれる、旅人にとって楽な形式に

次第に移っていくのである


流行は繰り返す

民泊を野放しにすれば、旅行者が酷い目に合う

海外旅行者の日本に対する印象が悪くなるかもしれない民泊

付け焼刃では「まつりごと」は行えない・・・


見た目が同じなら一緒

シナ人と同じ感性の役人や政治家が多いという事だろう(笑)

人柱が多く出なければ重い腰を上げない日本の行政・政治だ


忖度する暇があるなら、熟慮する道を選んでほしいものである

民泊には無関係な爺ですから、どうでも良い話なんですが(笑)

Posted on 2018/05/24 Thu. 19:49 [edit]

category: 歴史

tb: 0   cm: 0

根幹  


この世の中に不思議なことは多々ある

「人が寄る」という現象も理由があるはず

魅力的、安心感、刺激的等々・・・・・・


しかし、忘れてはいけないこともある

利 ある処には芥のごとく人が集まる事を

尻がムズムズするような甘言で擦り寄って来る人間に

碌な奴はいない


砂糖に集る蟻

生ごみに群がるカラス

傷ついた獲物に群がるハイエナ




当然ながら、実社会(自分の周り)でも

政治だろうと、教育界だろうと、経済界だろうと・・・


この世に「理屈抜き」はあっても、「利抜き」はほとんど無い

極端な考え方かもしれないが、沈んでゆく船に留まるのに「利」は

存在しないが、さっそうと水を切って進む船には「利」は存在する


人材不足の問題を追及していけばある事実に到達するのも

一流企業にだけしか就職意欲が無い若者を見ても、突き詰めて考えれば

その先に「利」が見えているからだろう


従業員数名で賞与も無く、何時倒産するかわからない町工場に

積極的に就職を希望する人間は稀有である


人材募集が頻繁にかかる企業は「問題(デメリット)」を抱えている

それが何であるかは「身内になる」ことでしか見えてこない


スポットライトの当たる部分と陰の部分・・・・


学校でも、「何かのスポーツの頂点を目指すなら**校へ行け」

それも一つの利である

その選択肢の先に「メリットとデメリット」が存在することを

努々(ゆめゆめ)忘れてはいけないと爺は思う


人は 理と利 によって行動する

無私 無欲な人間を巷間では【馬鹿】、【愚か者】【変人】と称する(笑)


どうして周りの人間が私を変わり者と呼ぶのか?

きっと理由があるのだろう・・・・



Posted on 2018/05/23 Wed. 19:55 [edit]

category: 戯れ言

tb: 0   cm: 0

金沢城  



念願だった金沢訪問

私にとって金沢=石垣(城壁)である

ところが同行した友人が興味なく

駆け足の金沢城観光となった




          DSC_0041.jpg



          DSC_0045.jpg



          DSC_0049.jpg



          DSC_0046.jpg



          DSC_0048.jpg



          DSC_0047.jpg



          DSC_0053.jpg



          DSC_0052.jpg



          DSC_0051.jpg



          DSC_0043.jpg



今度はのんびりと電車で一人観光するつもり

金沢の市街も殆んど見られなかったので心残りだ

今回の観光はリハーサルということで

秋にでも計画しよう


Posted on 2018/05/22 Tue. 23:00 [edit]

category: 旅の記録

tb: 0   cm: 0

由緒正しき家系  


無い無いと 数え上げれば キリも無い

   我が人生は  無いモノばかり



欲しい欲しいと願ってみても、端から無いモノばかりで

欲しいものは際限なくある

あるのは欲ばかり・・・・それが我が人生(笑)


そんな爺も最近とみに 欲 が無くなってきた

あるがまま ある物が全て 無いモノはどうしたって無い

ようやくこの齢になって気づいた次第である


私の人生は振り返ってみれば我慢の人生だった

「無いのだから我慢するのが当然」の時代を知る人も少なくなってきた


自慢できるのは 私は 【由緒正しき貧乏一族の末裔】であることだけ

皇室にも負けない 由緒ある貧乏一族なのである

惜しい事に、幾度となく戦乱を経て来たので、証明する文書などは

残っていない事が弱点であるが・・・(笑)


Posted on 2018/05/21 Mon. 21:04 [edit]

category: 戯れ言

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top